消防隊の車両

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001819  更新日  令和2年7月10日

消防ポンプ自動車

普通の消防車は狭い道にも入っていくことができ、900リットルの水をつんでいるので短時間なら水利につかなくても放水することができます。
また、いろいろな道具をのせているので、火事だけではなく交通事故などで道路に漏れてしまったガソリンや油の処理、台風や洪水などあらゆる災害に出動します。
最近では救急車と救急現場にいくこともあります。

消防車

長さ:5.74メートル

幅:1.89メートル

高さ:2.87メートル

定員:5人

駆動:4WD


化学消防自動車

茅ヶ崎市の化学消防自動車は水と泡薬液を合わせて2000リットルつんでおり、水と泡の放水をすることができます。
泡放水は、危険物をとりあつかう工場の火災などでつかいます。
化学消防車は茅ヶ崎市に1台しかなく、市内全域の建物、車両、工場の火災に出動します。

化学消防自動車

長さ:7.3メートル

幅:2.3メートル

高さ:2.9メートル

定員:6人

駆動:4WD


水槽つき消防ポンプ車

茅ヶ崎市に水槽付つき消防ポンプ車は2台あります。1700リットルの水をつんでいるので、火災現場のすぐ近くまでいき、初期消火をすることができます。
また、水がたりなくなっても水利についた消防車に水を送ってもらい放水しつづけることができます。

水槽つき消防ポンプ車

長さ:6.98メートル

幅:2.2メートル

高さ:2.88メートル

定員:7人


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防署 本署警備第一課・第二課
〒253-0085 茅ヶ崎市矢畑1280番地3
電話:0467-85-4593 ファクス:0467-85-4597
お問い合わせ専用フォーム