現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 FAQ > 税金(よくあるご質問) > 個人市・県民税(住民税) > 平成26年2月に死亡した夫の市・県民税はどうなるのですか。


ここから本文です。

個人市・県民税(住民税) よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1000124  更新日  平成26年10月30日

質問 平成26年2月に死亡した夫の市・県民税はどうなるのですか。

回答

市・県民税は、その年の1月1日(賦課期日)現在居住していた市区町村で課税されます。
そのため、ご主人様は2月に亡くなられたとのことですので、その年度の市・県民税は課税されることになります。
納税義務者が死亡した場合、納税義務はその相続人が引き継ぐことになりますので、その市・県民税は相続人が納めていただくことになります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課 市民税担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る