現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 FAQ > 税金(よくあるご質問) > 個人市・県民税(住民税) > 収入がなかったのに市・県民税の申告をしなくてはいけないのですか。


ここから本文です。

個人市・県民税(住民税) よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1000120  更新日  平成26年10月20日

質問 収入がなかったのに市・県民税の申告をしなくてはいけないのですか。

回答

前年に収入が全くなかったとしても、どなたかの扶養になっていなければ、その方は市民税課で「収入がなかった」という内容の申告をする必要があります。ただし、扶養になっていても、扶養している方が市外に住んでいる場合は、申告をする必要があります。 市・県民税の申告は、税額を決定するだけではなく、市役所の各種手続きや行政サービスの基礎資料となります。申告がありませんと、国民健康保険料などが適正に計算されなかったり、「市県民税の課税・非課税証明(所得証明)」の発行ができないことなどがあります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課 市民税担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る