ここから本文です。

個人情報保護対策

ページ番号 C1003193  更新日  平成26年10月20日

 住民基本台帳ネットワークシステムでは、個人情報の保護を最も重要な課題としています。そのため、個人情報保護に関する国際的な基準を十分踏まえた上で、制度面、技術面及び運用面などあらゆる面で十分な対策を行っております。

制度面からの対策

 記録する個人情報を限定し国の機関等への提供先・利用目的を法律に明記しています。
 また、民間における住民票コードの利用を法令で禁止するとともに、関係職員に対する安全確保措置、秘密保持(罰則付)を義務づけています。

技術面からの対策

 住民基本台帳ネットワークと他のネットワークを物理的に分離すると共に、安全性の高い専用回線の利用や通信データの暗号化などにより、外部ネットワークからの不正侵入、情報の漏えいを防止しています。
 また、操作者用ICカードやパスワード等による厳重な確認やネットワークの定期的な管理などにより、システム操作者の目的外利用を防いでいます。

運用面からの対策

 情報保護管理者の設置や関係職員への個人情報保護意識向上のための研修など運用管理を徹底し、情報の漏えいを防いでいます。
 また、住民基本台帳カードは、セキュリティの高いICカードとなっており、情報を暗号化したり、格納される場所に鍵をかけることにより、勝手に見られたり、使われることを防いでいます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民課 戸籍住民担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-5682
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る