現在の位置:  トップページ > くらし > 戸籍・住所・印鑑登録等 > 住民基本台帳ネットワーク > 住民基本台帳カードの継続利用について


ここから本文です。

住民基本台帳カードの継続利用について

ページ番号 C1003185  更新日  平成29年1月4日

住民基本台帳カードの継続利用について

 住民基本台帳カードは市外(国外を除く)へ転出しても所定の期間に継続利用の手続きを行うことで継続的に利用することができます。

(注)電子証明書は対象とはなりません。
(注)継続利用にあたっては別途手続きが必要となります。

住民基本台帳カードの継続利用ができる場所・時間

場所

・市役所市民課
・小出支所
・辻堂駅前出張所
・香川駅前出張所
・ハマミーナ出張所
 

時間

月曜日から金曜日(祝日・12月29日から1月3日は除く)8時30分から17時まで
毎月第2・第4土曜日8時30分から12時まで(市役所市民課のみ)
 

住民基本台帳カードの継続利用に関するQ&A

質問1 継続利用の手続きの流れを教えてください。

→転入届の際に、新しくお住まいの市区町村に住民基本台帳カードをお持ちいただき、
カードの暗証番号(発行の際に登録した4桁の数字)を入力していただきます。
さらに、住民基本台帳カード裏面に新住所を記載するなどの手続きが必要となります。

質問2 電子証明書も継続利用ができますか?

→ 住所、氏名等が変わると失効してしまいます。
  住民基本台帳カードへの電子証明書の発行及び更新は、平成27年12月22日(火曜日)をもって終了したため、新たに電子証明書の発行を希望する場合は、マイナンバーカード(個人番号カード)をご利用ください。
 マイナンバーカード(個人番号カード)の交付手続き等、詳細は新しくお住まいの市区町村窓口へご確認ください。
 
質問3 費用はかかりますか?

→住民基本台帳カードの継続利用手続きは無料です。

質問4 手続きの時間はどれくらいかかりますか?

→30分程度です。


(注)住民基本台帳カード継続利用の手続きのみを行った目安時間となります。
また、窓口の混雑状況により待ち時間が長くなる場合もございます。

質問5 転出をしてからどれくらいの間に転入手続きをすれば継続利用が可能ですか?  

→住み始めてから14日以内に転入手続きを行ってください。
また、転出予定日から30日以内(転出予定日は含まない)に手続きをしないと、お持ちのカードが使用できなくなりますのでご注意ください。


質問6 転入した者の中に、住民基本台帳カードを持っている者が複数人いる場合の手続きを教えてください。   

→窓口にいらっしゃる方が、同一世帯員の住民基本台帳カードをお持ちになれば手続きが可能です。
その際、暗証番号(発行の際に登録した4桁の数字)が必要となりますのでご注意ください。
また、転入時に市区町村窓口に持参できなかった住民基本台帳カードは転入届後、
90日以内に継続利用手続きをお願い致します。

(注)期間を過ぎても手続きをされない場合は、住民基本台帳カードは失効となるため、継続利用処理ができなくなります。

 
 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民課 戸籍住民担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-5682
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る