現在の位置:  トップページ > くらし > 障害のあるかた > 障害者差別解消法


ここから本文です。

障害者差別解消法

ページ番号 C1018880  更新日  平成29年5月31日

障害者差別解消法が施行されました。

 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(以下「障害者差別解消法」という。)が平成28年4月1日施行されました。

 この法律は、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項や、国の行政機関、地方公共団体等及び民間事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。

障害を理由とする差別に関する事例集について

  本市では、2016年(平成28年)の「障害者差別解消法」施行を前に、「障害を理由とする差別とは、どんなものが挙げられると思いますか。」「障害を理由とする差別を解消するために地方公共団体または事業者が考えるべき、合理的配慮とは、どんなものがあると思われますか。」「障害のある方への配慮として良かったと思ったこと、配慮があって助かったこと等があれば教えてください。」以上の3つの質問について障害当事者やその家族にご協力いただき、ヒアリングを行いました。

 この度、ヒアリングの集計結果を意見集約としてとりまとめましたので、広く市民の皆様に知っていただくことを目的に、掲載いたします。

 事例集の作成にあたっては、関係団体など多くの方から貴重なご意見をいただきました。

 ご協力ありがとうございました。

平成28年度障害者差別解消法に関する職員の認識度調査について

 本市では、これまでも障害者差別解消法を推進するため、職員研修の実施や事例集の配布など、職員の認識を高めるための取組を進めてきました。また、平成28年4月1日に障害者差別解消法が施行され、1年が経過したこともあり、障害者差別解消法に関する職員の認識度調査を行いました。

 この度、職員の認識度調査の集計結果をとりまとめましたので、掲載いたします。

 障害者差別解消法に関する職員の認識度調査の対象職員

 職員の認識度調査は、行政職(一)・行政職(二)の職員(任期付・再任用職員を含む。ただし療休、産休、育休の職員を除く)及び茅ヶ崎市立病院医療職の職員                                                 

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 障害者支援担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る