現在の位置:  トップページ > くらし > お年寄り > 介護給付について > 福祉用具購入費の支給について


ここから本文です。

福祉用具購入費の支給について

ページ番号 C1004188  更新日  平成28年2月16日

ご注意

特定福祉用具購入先は、都道府県の指定を受けた事業所に限られています。
詳細は、ご相談ください。
 高齢福祉介護課 支援給付担当
 電話:0467-82-1111

 福祉用具購入費は、被保険者がいったん費用の全額を支払い、領収証を添えて市に支給申請をした後、かかった費用の9割または8割の払い戻しを受けます。(償還払い)
 支給限度額は、要介護状態区分にかかわらず10万円です。
 期間は、4月から翌年3月までの1年間(1年度)。
 (注)10万円を超えて福祉用具を購入した場合には、10万円を超えた部分は全額自己負担です。

支給対象となる福祉用具の種類

 介護保険において、福祉用具購入費の支給対象となるものは、次のとおりです。

  • 腰掛便座
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

ご注意

  • 購入を希望する福祉用具が、支給対象になるか否かを、ケアマネジャー(介護支援専門員)または高齢福祉介護課に必ず確認してください。
  • 同一種目のものは、原則として2つ購入できません。
    同一種目の用具を購入する場合には、
    1. 用途・機能が著しく異なる場合、
    2. 介護の程度が著しく高くなった場合、
    3. 破損した場合、
    に限られます。(必ず購入前に、市に確認して下さい。)

 福祉用具は、下記「財団法人 テクノエイド」のホームページでも検索できます。

福祉用具購入費支給のながれ

福祉用具購入費支給のながれ

福祉用具購入費の支給対象になるかを、ケアマネジャー(介護支援専門員)または高齢福祉介護課に必ず確認してください。

同一種目の用具を購入する場合は、

  1. 用途・機能が著しく異なる場合、
  2. 介護の程度が著しく高くなった場合、
  3. 破損した場合、

 に限られます。(必ず購入前に市に確認して下さい)

領収証の宛名は、被保険者ご本人宛てのもの。
商品名、販売事業者名、事業者印のあるもの。


申請に必要な書類は、次の4種類です。

  1. 申請書
  2. 領収証(原本)
  3. 用具のパンフレットまたは取扱説明書の写し。
    (用具の形状を確認するため。)
  4. 請求書(茅ヶ崎市長宛て)

申請月の約2か月後の月末に、購入にかかった費用の9割または8割を振り込みます。


支給申請に必要な書類

  1. 茅ヶ崎市介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書
  2. 領収証(原本)
    • 宛名は、被保険者本人。上様は不可となります。名字だけのものも不可。
    • 事業所名、事業所印、(金額によっては)印紙、日付など、必要事項が明記されているもの。
    • 領収証は、原本を必ずお持ちください。
  3. パンフレット・取扱説明書など
    • 購入した福祉用具がどのようなものかを確認するためのものです。
    • パンフレット、取扱説明書は、いずれか一方で構いません。(写し可)
  4. 居宅介護(介護予防)福祉用具購入費請求書
    • 請求人(被保険者)と受取人(口座名義人)が異なる場合は、受取(受領)についての委任が必要です。
    • 請求書の下の段が委任状になっています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 支援給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る