現在の位置:  トップページ > くらし > お年寄り > 介護保険料 > 65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料について


ここから本文です。

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料について

ページ番号 C1004180  更新日  平成29年4月3日

茅ヶ崎市の介護保険料の決めかた

各年度ごとに納めていただく介護保険料の額は、前年の「合計所得金額」などによって11つの所得段階に分けられ個人ごとに決められます。

合計所得金額とは

地方税法上の用語で、年金、給与、不動産、配当等の収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります。)を差し引いた金額のことです。(基礎控除等の所得控除をする前の金額です。土地や株式の譲渡所得がある場合は、特別控除前の金額、繰越控除前の金額となります。「合計所得金額」と住民税の納税通知書の「総所得金額」や、扶養控除、社会保険料控除などを除いた後の「課税標準額」とは異なります。なお、合計所得金額が0円を下回った場合は、0円とみなします。)

例えば、公的年金等の収入だけであれば、その収入金額から公的年金等控除額を差し引いた金額。
例式: 公的年金等収入 - 公的年金等控除額 = 合計所得金額

茅ヶ崎市が定めている介護保険料基準額

保険料基準額

茅ヶ崎市の平成27年度から平成29年度の「基準額」は次の通りです

年額53,040円(月額4,420円×12ヶ月)です。

保険料基準額に基づく保険料の決めかた

平成27年度から平成29年度の所得段階と保険料

 第6期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画期間は平成27年度から平成29年度です。
 この期間の保険料基準額は、月額4,420円です。

低所得の方の負担が重くならないように、前年の所得などに応じて11段階に設定されています。

段階                

  

対象となる方

 

 

 

基準額に対する割合

保険料の年額

(月額)

第1段階   

・老齢福祉年金受給者で、市町村民税世帯非課税の方

・生活保護受給の方

・中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付を受けている方

・市町村民税世帯非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方

0.45

23,868円

(1,989円)

第2段階

市町村民税世帯非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円を超え120万円以下の方

0.7

37,128円

(3,094円)

第3段階

市町村民税世帯非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円を超える方

0.75

39,780円

(3,315円)

第4段階

市町村民税本人非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 (世帯に市町村民税課税者あり)

0.8

42,432円

(3,536円)

第5段階

市町村民税本人非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円を超える方 (世帯に市町村民税課税者あり)

基準額

(1.0)

53,040円

(4,420円)

第6段階 本人が市町村民税課税で合計所得金額が125万円未満の方 1.15

60,996円

(5,083円)

第7段階 本人が市町村民税課税で合計所得金額が125万円以上190万円未満の方 1.25

66,300円

(5,525円)

第8段階 本人が市町村民税課税で合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 1.5

79,560円

(6,630円)

第9段階

本人が市町村民税課税で合計所得金額が290万円以上500万円未満の方

 

1.6

84,864円

(7,072円)

第10段階      

本人が市町村民税課税で合計所得金額が500万円以上800万円未満の方

1.85

98,124円

(8,177円)

第11段階                 

本人が市町村民税課税で合計所得金額が800万円以上の方 2.1

111,384円

(9,282円)

茅ヶ崎市の介護保険料の納めかた

 保険料の納めかたは、「特別徴収」と「普通徴収」の2種類です。

特別徴収

対象者

年額18万円以上の老齢(退職)・障害・遺族年金を受給されている方

納め方

偶数月(4月、6月、8月、10月、12月、2月)に支払われる年金から、保険料が差し引きされます。

「特別徴収」のしくみ

  • 仮徴収期間:4月・6月・8月に前年度の2月と同じ額が差し引きされます。(8月の額は変更される場合があります。)
  • 本徴収期間:10月・12月・2月に前年の合計所得金額などから、今年度の保険料額を算定し、その額から仮徴収期間に納付した額を引いた残額が3回に分けて差し引きされます。

(注)年度の途中で65歳になられた方や茅ヶ崎市に転入された方は、年金を受給されている、あるいは前の市町村で年金から差し引きされていても、半年から1年程度は普通徴収になります。

納入通知書の発送時期

特別徴収の開始時期 及び 対象者 発送時期 (予定)

4月または6月

4月上旬

8月または10月

7月下旬
既に特別徴収されている方

7月下旬

普通徴収

対象者

  • 年額18万円未満の老齢(退職)・障害・遺族年金を受給されている方
  • 老齢福祉年金を受給されている方
  • 年金を受給されていない方
  • 年度の途中で65歳になられた方
  • 所得段階が変更になった方
  • 転入された方

納め方

納期ごとに、送られてきた納付書をもって指定の金融機関などで納めていただくか、口座振替によって納めていただきます。

「普通徴収」のしくみ

 前年の合計所得金額などから今年度の保険料額を算定し、各月で納付します。

納入通知書の発送時期

対象者 発送時期
本算定納付書 7月中旬

(注釈)年度内に65歳に到達された方や転入された方等については、上記の発送時期とは異なります。

平成29年度 「普通徴収」における各月の納期限
 (口座振替をご利用の方の納期限も同様です。)

月期 納期限
7月

平成29年 7月31日

 

8月

平成29年 8月31日

 

9月

平成29年 10月 2日

 

10月

平成29年10月31日

 

11月

平成29年11月30日

 

12月

平成30年 1月 4日

           (注釈)

1月

平成30年 1月31日

 

2月

平成30年 2月28日

 

3月

平成30年 4月 2日

 

12月 (注釈) 口座振替の方は納期限にかかわらず金融機関の最終営業日(12月29日)に振替します。

口座振替のごあんない(普通徴収の方が対象です。)

 市では、皆様に安全・確実な口座振替(自動払込)による介護保険料の納付をお勧めしています。

口座振替の申込み方法

  • 口座振替依頼書(茅ヶ崎市内の指定金融機関あるいは市高齢福祉介護課の窓口に備え付け)に必要事項を記入し、押印のうえ、口座を開設しています金融機関の窓口へ提出してください。
    (注)茅ヶ崎市以外の金融機関からの口座振替もできます。
  • 口座振替依頼書の記入に際しては、約定及び注意事項(本人控用)を十分お読みください。
  • 申込みにあたりましては、預貯金通帳、納入義務者の印鑑及び預貯金者の届出印、納入通知書が必要となります。

 詳しくは高齢福祉介護課にお問い合わせください。

介護保険料 納付済額のお知らせの送付

 65歳以上の方で、毎年1月から12月までに納めていただいた介護保険料のお知らせを翌年1月下旬頃発送しています。介護保険料は、社会保険料控除の対象となるため、所得控除を受けることができます。確定申告や市県民税の申告をする際に、ご利用下さい。

   年末調整等により納付額確認書の発行をご希望される方は、下記担当までご連絡下さい。

 このほか、確定申告等に関するQ&Aは下記リンクをご参照下さい。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 保険料担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る