現在の位置:  トップページ > くらし > お年寄り > 介護保険料 > 介護保険料の減免制度


ここから本文です。

介護保険料の減免制度

ページ番号 C1004182  更新日  平成26年10月20日

次の理由により、介護保険料の納付が一時的に困難になった場合には減免の制度がありますので高齢福祉介護課にご相談ください。

  1. 世帯の月額収入が生活保護基準の1.1倍以下で、生活が困窮しているかた
    (収入には、遺族年金、障害年金、老齢福祉年金、仕送り、預貯金などを含みます。)
  2. 失業や長期入院等により生計を支えているかたの収入が前年より著しく減少し生活が困窮しているかた
  3. 災害により、住宅や家財に著しい被害を被ったかた
  4. 監獄、労役場その他のこれらに準ずる施設に拘禁され、介護サービスを受けることができないかた

減免申請時における注意点

申請時に月額収入のわかる書類、預金通帳などをお持ちください。収入等の虚偽の申告により介護保険料の減免を受けたときは、保険料の減免を取り消し、本来の保険料額を徴収いたしますので、必ず正確な収入等の申告をお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 保険料担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る