現在の位置:  トップページ > くらし > 環境・ごみ・ペット > 野生鳥獣 > 巣立ちビナについて


ここから本文です。

巣立ちビナについて

ページ番号 C1003570  更新日  平成29年5月23日

本当に保護が必要?

迷子のヒナ

 春先から初夏にかけて、ヒナを保護したのでどうしたらよいかとのご相談を受けることがあります。
 しかしちょっと待ってください。このような鳥は巣立ち間近で、飛ぶ練習をしているときに巣から落ちてしまったヒナであることが多く、巣が近くにあったり、親鳥が近くにいる場合があります。もし親鳥がいるのに人間が保護をしてしまったら、親鳥は大切な子を奪われてしまうことになります。近くに巣があれば巣に戻し、無ければ近くの枝に止まらせ、しばらく様子を見ましょう。
 


ヒナが怪我をしている場合

ヒナが怪我をしているため保護が必要であると判断したら、箱に入れ保温しながら、下記の施設等へ持ち込んでください。治療をし、元気になったら元の場所へ返します。

  • 神奈川県自然環境保全センター
    厚木市七沢657
    046-248-6682

その他関連団体等

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 環境衛生課 環境衛生担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3317 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る