現在の位置:  トップページ > 消防 > 緊急時に役立つ情報 > 移動式ホース格納箱


ここから本文です。

移動式ホース格納箱

ページ番号 C1001604  更新日  平成27年10月8日

震災時の消火資機材

配備の経緯

えぼし麻呂

 茅ヶ崎市は木造住宅の密集している地域が数多く存在するため、火災の延焼危険が高く、地震に備えるには火災に対する事前の消火準備が非常に重要となります。(「平成20年度 地震による地域危険度測定調査報告」を参照してください。)
 通常時は119番通報により消防隊がすぐに駆けつけ、火災の規模が小さいうちに消火活動を開始できますが、震災時には119番通報がつながりにくく、道路も閉塞することが予想されるため、消防隊が到着する頃には手に負えない規模にまで火災が拡大している可能性があります。
  そのため、震災時における市民の初期消火能力向上を目的に、消火栓を使用した新たな資機材である移動式ホース格納箱を市内に配備することになりました。
 地域の住民同士が連携して消火器、水バケツ、移動式ホース格納箱等の消火資機材を火災の規模に応じて活用し、初期消火活動を実施することが被害を最小限に押さえる最も効果的な方法となります。


移動式ホース格納箱取扱い番組イメージ写真

消火栓

市内の消火栓について

  移動式ホース格納箱の資機材を活用して消火活動を行うには、市内に2300箇所以上設置されている消火栓を使用する必要があります。
 消火栓は主に車道や歩道上に設置されていて、目印として消火栓を囲うようにオレンジ色の四角いライン塗装がしてあります。また、ほとんどの蓋に「消火栓」と標示してあるため、「消防水利マップ」を参考に近所にある消火栓の設置場所を確認してみて下さい。 

(注釈)移動式ホース格納箱、消火栓の取扱方法については、「移動式ホース格納箱の取扱説明」の動画をご覧下さい。
  

移動式ホース格納箱の取扱訓練

職員等の派遣依頼について

  移動式ホース格納箱の取扱訓練に消防職員等が指導に伺います。
 実際に消火栓を使用した訓練を希望される自治会または団体は、「職員等の派遣依頼」をクリックして、手続き方法をご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防本部 警防救命課 警防担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-3119
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る