現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 FAQ > 福祉 > 介護保険料・介護サービス > 死亡者の介護保険料はどうなるのですか。


ここから本文です。

介護保険料・介護サービス よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1000388  更新日  平成26年10月20日

質問 死亡者の介護保険料はどうなるのですか。

回答

死亡により介護保険料額が変更され、資格喪失日(死亡日の翌日)の前月までを月割りで算定します。介護保険料が納めすぎとなる場合は、相続人の方に還付します。また、不足する場合は、相続人の方に不足分を納付していただくことになります。なお、死亡者が特別徴収(年金からの天引き)で介護保険料を納付していた場合は、年金保険者(日本年金機構・共済組合等)に対し、速やかに死亡の届出を行ってください。(死亡の届出の詳細については、各年金保険者へお問い合せください。)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 保険料担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る