現在の位置:  トップページ > くらし > 税金 > 個人市民税 > 平成26年度市・県民税に関する税制改正について > 帳簿の記載・記録の保存制度について


ここから本文です。

帳簿の記載・記録の保存制度について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1003707  更新日  平成26年10月20日

平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます

事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方は、所得税及び復興特別所得税の申告が必要ない方でも、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります。売上げなどの収入金額、仕入れや経費に関する事項について、取引年月日、売上先・仕入先その他の相手方の名称、金額、日々の売上げ、仕入れ、経費の金額等を記載した帳簿のほか、取引に従って作成した帳簿や受け取った請求書・領収書などの書類を保存する必要があります。

詳しくは、最寄りの税務署へお問い合わせいただくか、国税庁ホームページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課 市民税担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る