社会資本総合整備計画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1024632  更新日  令和4年2月7日

社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が行う社会資本整備(下水道や道路、都市公園などの整備)に対して、国が整備事業ごとに交付していた個別補助金を廃止し、一つの交付金で一括して交付することにより、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金として、平成22年度に創設されました。

社会資本総合整備計画

社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする場合には、「社会資本総合整備計画」を作成し、国土交通大臣に提出するとともに、これを公表することとなっています。また、計画の公表とともに、目標の妥当性、整備計画の効果及び効率性、整備計画の実現可能性について自主的に検証し、当該検証結果を公表することとなっています。

(仮称)歴史文化交流館整備事業では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

 

平成29年度~33年度計画

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

博物館
〒253-0006 茅ヶ崎市堤3786-1
電話:0467-81-5607 ファクス:0467-81-5651
お問い合わせ専用フォーム