現在の位置:  トップページ > くらし > 税金 > 個人市民税 > 平成26年度市・県民税に関する税制改正について > 「ふるさと納税」をした場合の寄附金税額控除の改正


ここから本文です。

「ふるさと納税」をした場合の寄附金税額控除の改正

ページ番号 C1003703  更新日  平成29年11月10日

「ふるさと納税」をした場合の寄附金税額控除の改正

復興特別所得税の創設に伴い、平成26年度から平成50年度の間に限り、地方公共団体に対する寄附金(ふるさと納税)をした場合に係る寄附金税額控除の特例控除額について、計算方法の見直しが行われました。

ふるさと寄附金の寄附金税額控除額について
  ふるさと寄附金の寄附金税額控除額=下記(ア)+(イ)の合計額

基本控除額

(ア)

(寄附金額-2,000円)×10%(市民税6%、県民税4%)

  • 寄附金額は、総所得金額等の30%が限度

 

特例控除額

(イ)

改正前 改正後

(寄附金額-2,000円)

×(90%-所得税の限界税率)

(寄附金額-2,000円)

×(90%-(所得税の限界税率×1.021))

  • 特例控除額は、市・県民税の所得割額の10%が限度

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課 市民税担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1164
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る