現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 住居表示制度 > 住居表示の制度


ここから本文です。

住居表示の制度

ページ番号 C1008000  更新日  平成26年10月20日

住居表示の制度とは、どのようなものでしょうか。

昭和37年 住居表示に関する法律が施行

これにより、日本の全国の市町村で住居表示制度への移行が行われてきました。
住居表示には大きく分けて次の2つの考え方があります。

  •  町の大きさを整え、境界線をわかりやすくする。

住居表示を実施していない地区は、字界が入り組んでいて、わかりづらいところがあります。
それを道路や鉄道、河川等、容易に変わることのないもので区切ってわかりやすくします。

  •  地番ではなく、建物に対して一定の基準で番号を付ける。

地番を住所として使うと、1つの地番に複数の建物があったり、1つの建物が複数の地番にまたがっていたりすることがあります。地番自体も順序よく並んでいないことがあり、住所としてはわかりづらくなります。そこで、住居表示の制度では、建物に対して一定の基準で番号を付けていきます。住所が地番の影響を受けないので、非常にわかりやすい制度です。

住居表示の番号はどのように付けるの?

住居表示の制度では、次のようにして番号を決めていきます。

まちの境

道路や水路、鉄道等で町を区切り、わかりやすい形に整えます。
また、町の名称についても整理します。
「○○一丁目」に該当する部分です。


街区

区切った町を、道路等でさらにいくつかのブロックに分けます。
この区切ったブロックを「街区」と呼びます。
「○番」に該当する部分です。


基礎番号

街区の周囲に、一定の間隔で番号をつけます。これを「基礎番号」といいます。
建築物を建てた際に、その入り口の位置の基礎番号が何番になるかによって、建物の番号が決定されます。
「○号」に該当する部分です。

これにより、住居表示を実施した後の住所は

××一丁目1番1号

のような表記になります。
共同住宅等の場合は、部屋の番号を付け足して

××一丁目1番1-101号

という表記になります。

 

また、住居表示を実施した町には、次のものを設置します。


街区案内板

  • 街区案内板

地区の町名、街区がどの位置にあるかを示した地図です。現在位置や、主な公共施設等が記載されています。


街区表示板

  • 街区表示板

その地点の町名と街区の番号を示したものです。電柱や塀等に取り付けます。(暗い青色のプレートです。)


住居番号表示板

  • 住居番号表示板

皆さんのお宅の玄関や、ポスト、門等に取り付けていただきます。その場所の町名と街区、住居番号を表示したものです。(暗い青色のプレートです。)

これらを設置することにより、町を更にわかりやすくします。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 都市計画課 総務担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る