現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり > 住居表示制度 > 今の住所はどんな住所?


ここから本文です。

今の住所はどんな住所?

ページ番号 C1007999  更新日  平成26年10月20日

今現在、みなさんの住所はどのような表記になっているでしょうか?

住所の表記が「○○一丁目1番1号」や「○○1番1号」

これは、住居表示が実施されている地区の住所です。
簡単に「○○1-1-1」と表記することもあります。
共同住宅等の場合は部屋番号をつけたして「○○一丁目1番1-101号」となることもあります。

住所の表記が「○○1234番地」となっている場合

これは、住居表示が実施されていない地区の住所です。
この住所は「地番」によるもので、いわば、土地に付けられた番号です。

この「地番」の歴史は明治時代の初期にまでさかのぼります。
もともとは土地の税金を徴収するために付けられた番号で、それをそのまま住所として使うようになりました。
当時は現在よりも、人口も建物も少なく、地番を住所としていても、特に問題はありませんでした。

しかし、時代の経過とともに人口や建物が増えてきました。
そんな中で、土地の分筆・合筆が繰り返されてきたのです。
たとえば・・・

ひとつの大きな土地

ひとつの大きな土地を分割すると・・・


土地を分割した図

このように、それぞれに地番がつけられます。

このように、土地の分筆や合筆を繰り返していくと、

  • 地番が順序よくならんでいない
  • 1つの地番に多くの枝番がある
  • 飛び番、欠番がある

といったことが生じてきます。
そうすると、住所として使うには不便になってくることがあります。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 都市計画課 総務担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る