現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 行政改革・行政評価 > 行政改革 > 改元に伴う市の文書等の元号表記及び取扱い


ここから本文です。

改元に伴う市の文書等の元号表記及び取扱い

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034234  更新日  平成31年4月15日

元号を改める政令が平成31年4月1日に公布され、同年5月1日から元号が「平成」から「令和」に改められます。改元に伴う市の文書の取扱いについては、国の通知の趣旨を踏まえ、次のとおりとします。

4月30日まで

平成31年4月30日までに、市で作成・発出する文書に、元号を用いて5月1日以降の年・日付を表示する場合には、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が施行される前であることを踏まえ、「平成」表記を用いることとします。ただし、その場合においては、改元後には「令和」で表記された日付に読み替えていただくよう、注意書きを添える等の対応を取ることとします。

5月1日以降

5月1日以降に、市で作成・発出する文書に、元号を用いて表記する場合は、原則として「令和」を使用します。一部の通知や証明などは、やむを得ず「平成」を使用する場合がありますが、法律上の効力は変わりませんので、「令和」と読み替えていただけますようお願いいたします。

旧元号「平成」による表記の効力

現行の条例、規則及び規程等のほか、既に施行した契約書、許可証、証明書等の文書や計画書等の冊子において5月1日以降の日付を「平成」により表示しているものは、元号が改められることによっても、その法律上の効果が変わることはありません。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 行政改革推進室 行政改革推進担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る