現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 茅ヶ崎市文化資料館 > 民俗資料館(旧和田家・旧三橋家)


ここから本文です。

民俗資料館(旧和田家・旧三橋家)

ページ番号 C1005688  更新日  平成28年9月16日

江戸時代の古民家である、旧和田家・旧三橋家を移築・保存し、展示・公開しています。

台風9号のの影響で破損し、危険な箇所があるため、現在、旧三橋家の公開を中止しています。

公開の再開につきましては、本ホームページでお知らせいたします。(平成28年9月15日現在)


旧和田家(市指定重要文化財)

写真1

旧和田家について

旧和田家立面図・鳥瞰図

 和田家は、江戸時代に萩園村の村役人を務めた家柄です。この建物は、同家11代和田清右衛門によって建てられました。移築復元のための解体作業中に「安政二(1855)年三月吉日」の年号のある棟礼が発見され、建てられた年代が明確になりました。また、「居宅普請財木買入帳」などの建築に係わる記録類が残っていて、建築準備が始まったのが嘉永4(1851)年であることや、これらの購入先、普請に関わっ人々のことが詳細に分かりました。
 この建物の特徴は、次のようなものです。

  1. 幕末大型民家の特徴をよく備えていること。
  2. 良質の材料を使ってあること。
  3. 改造が少ないこと。
  4. 記録が残っていて、建築の経過がわかること。

 昭和57年に解体し、同年7月に市の重要文化財に指定し、移築復元して昭和60(1985)年4月に開館しました。

【旧所有者】 和田家
【旧所在地】 市内萩園2,334番
【現所在地】 市内堤3,882番
 

【規模】
 桁行(全長): 11間と3尺5寸(約21.1メートル)
 梁行(全長):6間(約10.8メートル)
 建築面積 : 224平方メートル


旧三橋家(市指定重要文化財)

写真4

旧三橋家について

旧三橋家立面図・鳥瞰図

 この建物は、市内香川にありました。三橋家は香川の旧家で、江戸時代には香川村の中の、旗本戸田氏の知行地の名主を務めました。この建物には、文政11(1828)年の年号のある棟札や、建築経過を記録した「大工木挽萬控帳」(文政10年)などが付属していて、建てられた年代が明らかです。

 この建物を建て、「控帳」を残した当時の三橋家の当主は三橋伊右衛門といい、伊右衛門から6代にわたり住宅として用いられました。「控帳」によると、文政10(1827)年7月9日に木挽き職人の仕事が始まり、8月25日に手斧立の儀式、11月14日に棟揚げ、内装などの作業を経て、翌年の2月末に建物は完成しています。


 解体前の調査によって、市内の他の民家に比べて次のような特徴があることがわかりました。

  1. 建てられた時代がわかっており、その記録があること。
  2. 江戸時代末期の農家の造りを残すものであること。
  3. 140年以上の築年数のわりに、修繕・改造が少ないこと。

 これらのことから、茅ヶ崎市では長く保存する価値があるとして、昭和46(1971)年に市の重要文化財に指定し、47年(1972年)に移築し、昭和48(1973)年に開館しました。

【旧所有者】 三橋家
【旧所在地】 市内香川2,288番 (香川7-10-23)
【現所在地】 市内堤4,318番
 

【規模】
 桁行(全長):10間と4尺(約19.2メートル)
 梁行(全長):5間(約9メートル)
 建築面積 :151 平方メートル


利用案内

開館時間

9時から16時

台風9号のの影響で破損し、危険な箇所があるため、現在、旧三橋家の公開を中止しています。 公開の再開につきましては、本ホームページでお知らせいたします。(平成28年9月15日現在)

入館料
無料
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館)
年末年始の休館日
12月27日から1月4日まで
所在地
旧和田家:神奈川県茅ヶ崎市堤3882 浄見寺のおとなり
旧三橋家:神奈川県茅ヶ崎市堤4318 浄見寺境内
電話
文化資料館までお問い合わせください
駐車場
あり(15台)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化資料館
〒253-0055 茅ヶ崎市中海岸二丁目2番18号
電話:0467-85-1733 ファクス:0467-85-1733
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る