現在の位置:  トップページ > 文化・歴史 > 茅ヶ崎市民文化会館 > 市民文化会館の緞帳をご紹介


ここから本文です。

市民文化会館の緞帳をご紹介

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1033185  更新日  平成31年1月23日

市民文化会館にある、3つの緞帳をご紹介します。これらの緞帳は開館当初より使用されているものですが、平成30年10月1日のリニューアルオープンにあわせてクリーニングをしたことで、見事に美しさを取り戻しました。茅ヶ崎のお祭りや、風景、植物などが描かれています。

大ホール第一緞帳

大ホール第一緞帳

市内在住であった、文化勲章受章者で名誉市民の小山敬三画伯が昭和7年に描いた大作「浜降祭」。小山氏が緞帳の織元に出向いて制作されました。

暁の祭典として知られる浜降祭は、毎年7月第3月曜日(祝・海の日)に茅ヶ崎西浜海岸で開催されます。夜明けとともに茅ヶ崎市と寒川町の各神社から約40基の神輿が集まり、神輿が海に入る「みそぎ」が行われます。

大ホール第二緞帳

大ホール第二緞帳

江戸時代後期の浮世絵師、安藤広重の原画「馬入川舟渡」を版画に再現して、緞帳に生えるよう装飾的要素を加えて制作したものです。

広大な川面に浮かぶ小さな渡し舟、また渡し場に急ぎ向かう旅人などが描かれています。

小ホール緞帳

小ホール緞帳

市の花「ツツジ」と市の木「アカシア」をアレンジしたものです。

豪華な金箔を背景に色彩豊かに咲くツツジを一面に配し、また下部ではアカシアを地紋風に金箔で表現しており、華やかな中にも明るい暖かさのある雰囲気をつくりあげています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

文化生涯学習部 文化生涯学習課 文化推進担当
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る