ここから本文です。

国道1号電線共同溝事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1008263  更新日  平成28年9月13日

国道1号松林中学校入口交差点付近の写真

国道1号では、国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所により、電線共同溝事業が実施されています。
電線共同溝とは道路の地下空間に電力線・通信線などをまとめて収用するものをいいます。電線共同溝ができると、「電線類の地中化」により、道路から電柱や電線がなくなります。電線共同溝をつくり、電線類の地中化を行うことは様々なメリットがあります。

  • メリット1 景観が美しくなります。
    地上にはりめぐらされた電線類が道路の下に収められるので、美しい街並みが形成されます。
  • メリット2 災害から暮らしを守ります。
    台風や地震といった災害時に電柱が倒れたり、電線類がたれ下がるといった危険がなくなります。
  • メリット3 歩行者の安全性が向上します。
    電柱や電線類がなくなると、道路の見通しが良くなり、歩道が広く使えるため、交通の安全性が向上します。

     鳥井戸橋~本村交差点付近までの約2.4km、市立病院入口交差点~松林中学校入口交差点までの560m、松林中学校入口交差点~菱沼歩道橋付近までの220m(下り線は260m)、東小和田交差点~藤沢市行政境までの480m(下り線は400m)につきましては既に共同溝の整備が完了しており、現在、小和田付近の共同溝整備が進められています。

 


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 広域事業政策課 広域分権担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る