現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり(市政情報) > 都市防災(防災まちづくり) > 地震による地域危険度測定調査 > 平成25年度 地域危険度測定調査 検証結果


ここから本文です。

平成25年度 地域危険度測定調査 検証結果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1008025  更新日  平成29年12月12日

はじめに

 本市の地震に対する危険性を把握し、市民と行政などが協働で災害に強い都市づくりを推進することを目的に、平成20年度に「地震による地域危険度測定調査報告」を作成しました。この調査は、5年ごとに実施することとなっていることから、平成25年度に最新の固定資産課税台帳や建物の更新状況をもとに、建物倒壊危険度、火災危険度、道路閉塞確率及び地区内通過確率の検証を行いました。

平成25年度 地域危険度測定調査 検証結果

まとめ

 今回の検証では、全体としては建物の新築や更新などによる若干の変動はあるものの、大きな変化はみられませんでした。平成20年度の調査報告を受け、火災延焼をはじめとした地震による被害を軽減するための対策や基盤づくり、情報・避難ネットワークの構築など、防災・減災効果のある各種施策を市民・行政による協働体制により推進してまいりました。また、市民一人ひとりの防災意識の向上を目的としたハザードマップの作成や地域主体の防災都市づくりを推進するなど、自助・共助・公助による取り組み体制の構築を進めてまいりました。
 発災時の応急・復旧対応について示した「茅ヶ崎市地域防災計画」の修正や、「ちがさき都市マスタープラン」を一部見直し、都市防災の方針を強化するなど、社会状況の変化に対応した体制の構築にも取り組んでいます。
 今後は、今回の検証結果を踏まえ、これまで実施してきた災害に強い基盤の構築を、庁内の連携を図りながら更に強化していくとともに、市民・行政の協働による災害に強い都市づくりを、より一層推進してまいります。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 都市政策課 都市政策担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る