現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 行政改革・行政評価 > 茅ヶ崎市立病院の経営改革


ここから本文です。

茅ヶ崎市立病院の経営改革

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1036059  更新日  令和1年9月17日

病院事業会計の収支差がわかる資料
収支差の推移(病院事業会計)


 茅ヶ崎市立病院の事業会計は、平成28年度、29年度と2年連続で約10億円の赤字決算となっており、年度末現金現在高も27年度末に約52億円あったものが、29年度末には約29億7千万円まで減少しています。仮に現状の収支状況のまま、かつ一般会計からの負担金も同水準のまま推移したとすると、令和2年11月には現金が枯渇する恐れがあります。
 こうした状況を踏まえ、茅ヶ崎市では、市立病院の経営改革について一定の期間で集中的に取り組むため、「茅ヶ崎市立病院の経営改革について(茅ヶ崎市立病院リバイバル・ロードマップ)」を作成しました。令和4年度までの4年間、当該ロードマップに掲げる事項を速やかに実行し、将来にわたり安定した経営環境の下で、市民のみなさんに必要な医療サービスを提供できるよう、取り組んでいきます。

関連情報

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画経営課 企画経営担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-8118
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る