現在の位置:  トップページ > 消防 > 緊急時に役立つ情報 > 火災予防 > 消火器の取り扱い


ここから本文です。

消火器の取り扱い

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001610  更新日  平成26年10月20日

消火器の使い方

いざというときのために覚えておきたい3つの動作

1.安全ピンを上に引き抜く

安全ピンを上に引き抜く

2.ホースを外しノズルを火に向ける

ホースを外しノズルを火に向ける

3.レバーを強く握る

レバーを強く握る

消火器による初期消火

天井に火が移ってしまったら、危険ですのですみやかに避難しましょう。
薬剤の放射時間は、消火器の大きさによっても違いますが、おおむね10秒程度です。

消火のコツ

火に3から4メートル程度近づいて、火の手前から左右に掃くように放射すると良いでしょう。

古くなった消火器の廃棄方法など

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防本部 予防課 予防担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-85-3119
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る