現在の位置:  トップページ > 防災 > 延焼火災対策 > 街頭消火器


ここから本文です。

街頭消火器

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001411  更新日  令和1年11月1日

街頭消火器の「いたずら」や「盗難」が発生しています。

    街頭消火器は、地震や火災が発生した時の初期消火器具として、市内全域に設置しています。
  街頭消火器を持ち出して噴射する「いたずら」や持ち去り等の行為は犯罪です。
  なお、いたずら等を見かけた場合は、消防署消防指導課までご連絡ください。

街頭消火器

 街頭消火器は、地震災害等における初期消火器具として市内に2,619本(平成30年4月1日現在)を設置しております。設置の基準は、クラスター地域では80メートル四方に1基、市街地では100メートル四方に1基,市街地以外の地域では200メートル四方に1基です。
 設置場所は道路や道路に面した土地(個人所有者等に無償でご協力いただいています)に格納箱を設置し、その中に保管しています。
 普段から近所に設置してある街頭消火器の場所を把握しておき、もしも火災が発生した場合には、有効に活用してください。
 平成28年度より、期限切れの街頭消火器は、順次エコ消火器に交換しています。
 なお、街頭消火器を使用した場合は、必ず消防署消防指導課まで連絡をお願いいたします。

設置されている街頭消火器と格納箱

街頭消火器の写真

格納箱の写真

用途:油や電気火災にも使用できます。
総質量:約9.9キログラム
薬剤質量:6.0キログラム
全長:約537ミリメートル
全巾(管胴径):220ミリメート ル                                                                                                       放射時間:約22秒                                              放射距離:3~6メートル

平成28年度から更新している街頭消火器と格納箱(小型化しています)

更新している消火器は従来の半分程度の重さとなり、持ち運びも容易です。

街頭消火器の写真

格納箱の写真

用途:油や電気火災にも使用できます。
総質量:4.6キログラム
薬剤質量:3.5キログラム
全長:510ミリメートル
全巾(管胴径):210ミリメートル                                  
放射時間 15  秒                                                                                                                               放射距離:5~8メートル


消火器の使い方

消火器の使い方

  1. 安全栓(ピン)を上に引き抜く
  2. ホースをノズルから外し、火に向ける
  3. レバーを握りしめて消火を行う

(注)取扱方法に特別の決まりはありませんが、自信をもって落ち着いて扱うことが大切です。
(注)地域の防災訓練等に参加して、取扱方法を体験し、体で覚えましょう。

茅ヶ崎市地震対策用街頭消火器設置等要綱


ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

茅ヶ崎市消防署 消防指導課 消防指導担当
〒253-0085 茅ヶ崎市矢畑1280番地3
電話:0467-85-4594 ファクス:0467-85-7299
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る