現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり(市政情報) > 地域のまちづくり > 浜見平地区のまちづくり > 浜見平地区の基盤整備について


ここから本文です。

浜見平地区の基盤整備について

ページ番号 C1008056  更新日  平成30年3月15日

浜見平地区の基盤整備について

 浜見平地区を茅ヶ崎南西部の生活・防災の拠点として位置づけており、UR都市機構の団地建替事業にあわせて、「松尾川雨水幹線緑道化事業」と「電線類地中化事業(道路整備事業)」の基盤整備事業を実施しております。

松尾川雨水幹線緑道化整備事業

 松尾川雨水幹線は、団地の東面、南西面の外周を流れる分流式公共下水道の雨水渠であり、本事業は、同水路用地を生かし、緑・歩行者ネットワーク、道路ネットワークを担うだけでなく、災害時には、防災性を考慮した形で周辺からの避難路としても活用できるよう歩行者空間を整備します。

電線類地中化事業(道路整備事業)

 浜見平地区の幹線道路である左富士通り及び鉄砲道を利用する歩行者の安全性、快適性に配慮するだけでなく、景観に配慮した演出や防災性の向上等を目指し電線類地中化の整備をします。

浜見平地区基盤整備状況図

せせらぎが完成しました。(平成26年8月3日付け)

 松尾川雨水幹線整備事業に伴いせせらぎ整備工事が完了し、平成26年8月3日に通水式が行われました。このせせらぎは、地域のみなさまの要望により整備したものです。通水式当日は多くの地域の子供たちがせせらぎで遊び、賑わいました。

通水式当日
通水式当日の様子

整備完了時
整備完了時の様子

整備完了時
整備完了時の様子

浜見平地区の社会資本総合整備計画

 浜見平地区ではUR都市機構の団地建替事業に伴い、浜見平地区の基盤整備事業として「松尾川雨水幹線緑道化事業」「左富士通り及び鉄砲通りの電線類地中化事業」を実施しており、これら事業の実施にあたり、社会資本整備総合交付金を活用しています。

浜見平地区における生活防災拠点としての利便性・安全性の向上

事業期間 平成22年度から平成26年度

浜見平地区における生活防災拠点としての利便性・安全性の向上 その2

事業期間 平成27年度から平成31年度

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

経済部 拠点整備課 浜見平地区まちづくり推進担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る