現在の位置:  トップページ > 市政情報 > まちづくり(市政情報) > 都市防災(防災まちづくり) > 感震ブレーカー等設置費補助金のご案内(令和元年度)


ここから本文です。

感震ブレーカー等設置費補助金のご案内(令和元年度)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034073  更新日  令和1年5月21日

目的

大規模地震時の出火原因が特定されている火災の約6割以上が「通電」による火災となっています。

そのため、本事業は、地域が主導して『感震ブレーカー(注)』の設置を進めることで、地域で大規模地震時の出火予防を図り、火災による被害を減らすことを目的としています。

 

(注)『感震ブレーカー』とは:地震発生時に震度5強以上の揺れを感知した時に、ブレーカーやコンセントなどの電気を自動的に止める器具です。

 なお、地震を感知すると家屋内すべての電気が遮断されるため、(1)夜間避難時の照明の確保 (2)常時電源が必要な生命維持に関わる医療器具などを使用している場合は、補助電源の確保 が必要です。

対象者

茅ヶ崎市に在住の方(ただし、過去に本補助金を受領して設置された方は対象外)

(注意)補助金の申請窓口は、『まちぢから協議会(注)』のみになります。(個人からの申請は受付していません)

 

(注)『まちぢから協議会』とは:地域のみなさんの協議の場(まちぢから協議会)を各地区に設置し、地域の絆づくりを進め、できるだけ多くの方が自分の地域や地域での活動に関わりを持っていただくことを目指す市民自治の取り組みです。現在、12の地区で設立され、未設立の地域は地区自治会連合会になります。

補助対象機器

簡易タイプ感震ブレーカー

(ただし、一般財団法人日本消防設備安全センターが消防防災製品等推奨制度に基づき推奨するものに限られます)

推奨製品の一覧(平成30年12月10日時点)
一般財団法人日本消防整備安全センターが推奨する器具一覧表(価格は税込参考価格)

(注)推奨製品は、新しい製品が追加される場合があります。

 最新情報は、一般財団法人日本消防設備安全センターのホームページをご確認ください。

補助金額(1個あたり)

1個あたり

感震ブレーカーの税込本体価格の2/3(上限金額3,000円)

感震ブレーカーの税込本体価格の2/3(100円未満切り捨て。上限金額3,000円)

「感震ブレーカー」設置までの主な流れ

設置したい場合は、所管の自治会へ連絡してください

申請に必要な書類のダウンロード(「まちぢから協議会会長」及び「自治会長」向け)

提出書類になります。こちらからダウンロードしてお使いください。

「補助金制度の手引き」及び「自治会回覧用チラシ例」

(注)「自治会回覧用チラシ例」は、自治会毎の補助内容に応じて適宜修正(主に青字箇所)し、お使いください。

 なお、本データは「A3サイズ」で作成していますので、「A4」に設定し印刷してください。

1.補助金交付申請書類(機器購入前に、提出する必要がある書類)

2.補助金請求書類(交付決定後速やかに、提出する必要がある書類)

2-1.自治会ごとの振込の場合

2-2.「まちぢから協議会」へ一括振込の場合

3.実績報告申請書類(設置完了後に提出する必要がある書類)

茅ヶ崎市役所本庁舎3階 都市政策課にて、申請書をお渡しすることもできます。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市部 都市政策課 都市政策担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る