現在の位置:  トップページ > くらし > 子育て > 母子・父子・寡婦家庭のみなさんへ > 母子、父子、寡婦家庭への福祉資金の貸し付け、利子補給をはじめとする相談


ここから本文です。

母子、父子、寡婦家庭への福祉資金の貸し付け、利子補給をはじめとする相談

ページ番号 C1004825  更新日  平成27年2月9日

母子家庭、父子家庭、寡婦の相談

 母子・父子自立支援員が、神奈川県の母子父子寡婦福祉資金の貸し付けの相談を受け付けしているほか、母子家庭や父子家庭のいろいろな相談に応じています。
 (注)なるべく事前に電話予約をしてお越し下さい。(月曜日から金曜日:9時15分から16時)

神奈川県の母子父子寡婦福祉資金

 神奈川県では母子、父子、寡婦家庭の生活の安定を図り、子どもとともに幸せな生活を送ることができるよう、母子父子寡婦福祉資金の貸し付けを行っています。
 貸し付けする資金の種類は、技能取得、就職支度、住宅、転宅、医療介護、生活、修学、就学支度、就業、その他があります。

母子福祉資金とは

 20歳未満の児童を扶養している母子家庭の母と、その扶養する20歳未満の児童、20歳未満で父母のない児童に貸し付けます。

父子福祉資金とは

20歳未満の児童を扶養している父子家庭の父と、その扶養する20歳未満の児童、20歳未満で父母のない児童に貸し付けます。

寡婦福祉資金とは

 20歳以上である子等を扶養している寡婦及び母子家庭の母と、その扶養する20歳以上の子、扶養する子等のない寡婦及び40歳以上の配偶者のいない女子に貸し付けます。

償還期間

 その種類に応じ、3年から10年以内。

(注)これらに関するご相談は、あらかじめ電話予約をお願いします。(月曜日から金曜日:9時15分から16時)

母子父子寡婦福祉資金利子補給金

 母子、父子、寡婦家庭の経済的自立と生活の安定向上を図るため、母子父子寡婦福祉資金利用者に 利子相当額を補給することによって経済的負担の軽減と償還意欲の向上を図っています。

 母子父子寡婦福祉資金(利子が付くもの)の貸付を受けた方で、償還期限内にきちんと償還された方に対して利子補給金が補助されます。(対象となる方には通知がありますので、期限内に申請して下さい。)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 子育て支援課 手当給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る