現在の位置:  トップページ > よくあるご質問 FAQ > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度(資格・保険料・給付について) > 後期高齢者医療制度に移ったのに、国民健康保険料の通知書が送られてきました。なぜですか。


ここから本文です。

後期高齢者医療制度(資格・保険料・給付について)  よくある質問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1000104  更新日  平成26年10月20日

質問 後期高齢者医療制度に移ったのに、国民健康保険料の通知書が送られてきました。なぜですか。

回答

 国民健康保険法では「世帯主に世帯員の保険料を納付する義務がある」と定められています。世帯主が国民健康保険加入者でなくても、家族の方が国民健康保険加入者の場合、世帯主あてに通知書や納付書が送られますが、国民健康保険料の計算は加入者のみで計算しています。 詳しくは保険年金課保険料担当にお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 保険年金課 後期高齢者医療保険担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1197
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る