現在の位置:  トップページ > 東日本大震災への茅ヶ崎市の取り組み


ここから本文です。

東日本大震災への茅ヶ崎市の取り組み

ページ番号 C1001995  更新日  平成26年10月20日

東日本大震災への茅ヶ崎市の取り組み

安全・安心への取り組み

 地震発生時には迅速に避難所を開設。市内の避難者や帰宅困難者の受け入れを行いました。今回の災害を受けて、これから人的対応、物的対応を強化していきます。
 また、今回の震災では津波の被害が大きかったため、相模湾沿岸の県内13市町で、現在想定されている津波の規模を再検証するよう県に求めました。
 そして、東日本大震災の状況を踏まえ、これまでの防災対策の検討・緊急強化を行い、市民のみなさんが安全・安心に住めるようなまちづくりを進めていきます。

被災地・被災者への支援

緊急消防援助隊を派遣しました

 被災地への緊急消防援助隊の派遣や、災害協定締結市の茨城県ひたちなか市への救援物資の搬送を行ったほか、一次避難所の開設・避難者相談窓口の設置を行いました。

 また、3月29日から4月3日まで行った救援物資の受付では、多くの市民のみなさんのご協力により、たくさんの救援物資を被災地に送ることができました。ご協力ありがとうございました。


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 防災担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る