現在の位置:  トップページ > 防災 > 計画・マニュアル > 茅ヶ崎市業務継続計画震災編(計画掲載ページ)


ここから本文です。

茅ヶ崎市業務継続計画震災編(計画掲載ページ)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1001296  更新日  平成30年1月28日

 大規模災害発生時であっても市民の生命・財産・経済活動等を守ることは行政の最大の責務であり、その責務を果たすためには、行政(市役所)の機能低下を最小限に止め、行政が果たすべき役割を実施、継続することが求められます。すなわち、「茅ヶ崎市地域防災計画」に定められた応急対策や復旧・復興業務を確実に実行するとともに、福祉業務や衛生業務など市民生活に必要不可欠な行政サービスを早期に再開する必要があります。
 そこで、市が震災時に優先的に実行する業務とその業務に必要な資源を整理し、その確保策、対応策をまとめ、大規模災害発生時であっても業務が継続できる体制を整えることで、行政そのものが被災し、職員や庁舎、ライフラインなどの業務に必要な資源に制約がある中であっても、行政が果たすべき役割を遂行することを目的として、平成25年2月に「茅ヶ崎市業務継続計画【震災編】」を策定しましたが、この度、新たな庁舎が供用開始されたことで本計画における業務資源に大きな変化が生じたことをふまえ内容の一部を修正することとしました。

計画の構成及び概要

第1章 基本的事項

計画の目的、地域防災計画との関係、業務継続の基本方針等基本的事項について記載

第2章 計画の実施体制

業務継続計画の発動と解除、実施体制について記載

第3章 想定地震と被害想定

非常時優先業務の選定にあたり前提とした想定地震災害、市域の被害想定、市役所機能に与える影響について記載

第4章 本市が実施する非常時優先業務

本市が実施する非常時優先業務について、選定の考え方、選定結果について記載

第5章 業務継続の課題と対応策

震災時において本市が業務を継続するにあたっての全庁的に共通する業務資源に係る課題とその対応策(事前対策及び発災後の対応策)について記載

第6章 業務継続力の向上に向けた取り組み

本市の業務継続力を継続的に改善していくために、その推進体制や業務資源の確保に向けた今後の取り組み等について記載

茅ヶ崎市業務継続計画【震災編】

添付ファイル

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民安全部 防災対策課 危機管理担当
市役所本庁舎4階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1540
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る