ここから本文です。

特別児童扶養手当

ページ番号 C1025853  更新日  平成29年12月28日

特別児童扶養手当の手当額が変わります

平成29年4月分から手当額が変更となりました。
平成29年4月振込分(平成28年12月分から平成29年3月分)は、旧手当額が支給されます。
詳細は、下記「手当額」をご覧ください。

特別児童扶養手当とは

 精神、知的または身体障害の状態(政令で定める程度以上)にある20歳未満の児童について、児童の福祉の推進を図ることを目的として、手当を支給する制度です。

支給対象

 日本国内に住所があって、精神、知的もしくは身体障害の状態(政令で定める程度以上)にある児童を養育している父、または母、もしくは父母に代わってその児童を養育している方。

(注釈)政令で定める障害の程度については、お問い合わせください。

手当を支給されない場合

  • 児童が児童福祉施設などに入所しているとき。
  • 児童が障害を理由として厚生年金などの公的年金を受けることができるとき。
    (注釈)詳しくは子育て支援課までお問い合わせください。

所得制限

平成28年分所得(平成29年7月から平成30年6月申請の場合):扶養家族親族等人数別所得制限額基準表

扶養親族等の数 請求者 配偶者・扶養義務者
0人 4,596,000円未満 6,287,000円未満
1人 4,976,000円未満 6,536,000円未満
2人 5,356,000円未満 6,749,000円未満
3人 5,736,000円未満 6,962,000円未満
4人 6,116,000円未満 7,175,000円未満

 所得については、各種控除等もあるため、詳しくは担当までお問い合わせください。

手当額

政令で定める障害の程度により、次のいずれかになります。

 

平成29年3月分までの手当額 平成29年4月分からの手当額

重度障害児の場合

(1人につき月額)

51,500円 51,450円

中度障害児の場合

(1人につき月額)

34,300円 34,270円

(注釈)手当額は特別児童扶養手当等の支給に関する法律第16条において準用する児童扶養手当法第5条の2の規定により改正されています。

 

手当を受ける手続き

 次の必要書類等をご持参のうえ、子育て支援課で手続きをしてください。

必要書類等

  1. 請求者と対象児童の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
    (注釈)外国籍の方は、戸籍謄本に代えて、必要に応じ、受給資格等に係る事実を明らかにすることができる書類(本人の申立書、民生委員の証明書等)
  2. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し(続柄・本籍が記載されているもの)
  3. 対象児童の障害程度についての医師の診断書(所定の様式がありますので事前にご相談ください)
    (注釈)療育手帳(A1またはA2)、または身体障害者手帳(1級から概ね3級まで、ただし内部障害、マヒ及び体幹機能障害等は除く。)をお持ちの方は、診断書を省略できる場合もあります。
  4. 印鑑 (朱肉を使用するもの)
  5. 預金通帳(請求者本人名義のもの)
  6. 特別児童扶養手当振込先口座申出書(金融機関の証明を受けたもの)
  7. 所得証明書(所得金額、控除金額、扶養人数の記載のあるもの)
     平成29年1月2日以降、茅ケ崎市に転入された方のみ必要です。平成29年度(平成28年分の所得)のものを提出してください。                                                                (注釈)平成29年1月1日に住民票があった市区町村で取得してください。
  8. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の個人番号カード等(注釈)

(注釈)上記以外の書類が必要な場合もありますので、詳しくは子育て支援課へお問い合わせください。

住民票の写しおよび所得証明書の提出が省略できるようになりました。

マイナンバー(個人番号)を利用した情報提供ネットワークの運用開始により、住民票情報および所得情報の確認が可能になるため、平成29年11月13日以降の申請について、住民票および所得証明書の提出が省略できるようになりました。
(注釈)ただし、特別な事情等により確認ができない場合は、書類の提出を求める場合があります。

支給について

  • 支給の開始
    県知事の認定を受けると、認定請求をした月の翌月分から支給されます。
     
  • 支給日
    年3回 4月(12月から3月分)、8月(4月から7月分)、11月(8月から11月分)の各月とも11日(11日が休日の時は直前の休日でない日)に支払われます。

 

有期更新の手続き(障害程度の再認定)について

 対象児童の障害の程度によって、必要な場合に期間を定めて受給資格を認定することを有期認定といいます。

 有期認定の期限月は、3月・7月・11月に定められ、それぞれ2か月前に有期認定の更新手続き(以下、有期更新)の案内通知を送付します。案内通知が届きましたら、以下の必要書類を持参のうえ、手続きをお願いいたします。

有期更新の必要書類

(1)再診届(子育て支援課窓口に用意してあります)

(2)児童の障害の状態を明らかにする書類(いずれか一つ)
 ・新しい更新済みの療育手帳の写し(A級のもの)
 ・身体障害者手帳の写し(診断書の省略ができる状態の場合)
 ・特別児童扶養手当認定診断書
 (注釈)ただし、診断書作成日は原則として提出月またはその前月中に作成されたもの。(以下の表1参照)

(3)印鑑(朱肉を使用するもの)

(4)特別児童扶養手当証書(所得状況届にて提出済、もしくは所得制限超過などで証書を受け取っていない場合は、その旨を窓口にお伝えください。)

表1
有期認定の期限月 3月 7月 11月
診断書の診断書作成月 2月又は3月 6月又は7月 10月又は11月
有期更新の手続き期限 3月末日 7月末日 11月末日


(注釈)有期更新をし、再認定を受けなければ、期限月の翌月分以降の手当が受けられなくなります。
(注釈)正当な理由がなく期限までに手続きをされない場合は、再認定を受けても届出月の翌月分からの手当の支給となります。
(注釈)所得制限超過により、手当の支給が停止となっている方も手続きが必要です。

手帳を用いた有期更新について

 療育手帳A1またはA2を取得されている児童や、身体障害者手帳1級から3級を取得されている児童については、手帳の写しの提出により診断書の提出が省略できます。
(注釈)ただし、内部障害および視野狭窄による視覚障害、欠損を除く肢体不自由の場合は診断書の省略はできません。

所得状況届

 県知事の認定を受けた受給者の方の前年の所得の額や支給要件の確認をし、その年の8月から翌年の7月までの手当を支給するかどうかを審査するための手続きです。

(注釈)所得制限超過により手当の支給が停止となっている方も所得状況届の提出が必要です。
 

  • 所得状況届の提出期間は毎年8月12日から9月11日までです。(土日祝日の際は、前後する場合があります。)
  • 届出期間を過ぎると、手当の支給が遅れる場合があります。
  • 2年間所得状況届が未提出のままですと、受給資格がなくなる場合がありますので、ご注意ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

こども育成部 子育て支援課 手当給付担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る