現在の位置:  トップページ > 市議会 > 請願・陳情


ここから本文です。

請願・陳情

ページ番号 C1001078  更新日  平成29年10月17日

請願と陳情について

 市民が市政などについて、議会に直接要望できる制度が請願と陳情です。請願と陳情の違いは、請願は紹介議員が必要なのに対して、陳情はそれを必要としません。
 採択された請願及び陳情は、市長や教育委員会あてに送付し、その実現に努力するよう要望します。
 また、市だけでは実現ができないものについては、関係機関等に意見書を提出します。

請願と陳情の手続き

提出方法

  1.  請願書または陳情書の提出はいつでもできますが、各定例会の初日の3日前の正午(その日が土曜日、日曜日、祝日の場合はその直前の平日)までに提出されたものを、その定例会で取り扱います。 
     また、取り扱いについては、原則として、各定例会の初日の7日前または各定例会初日の議会運営委員会において協議されます。
  2.  請願書または陳情書を補足するため等で、資料の配付を希望する場合は、審査日の2日前の正午(その日が土曜日、日曜日、祝日の場合はその直前の平日)までに、議会事務局へ60部をご提出ください。
  3.  請願書・陳情書は、記載された住所・氏名も含め一般に公開されますので、予めご了承ください。
  4.  事務連絡等をさせていただく場合がありますので、別紙に電話番号をご記入ください。(電話番号は一般に公開されません)
  5.  ご提出される際は、議会事務局議事担当までお問い合わせください。
       

請願(陳情)書の書式例

請願(陳情)書の書式例

(注釈) 用紙はA4版でお願いいたします。

(注釈) 表紙については、陳情の場合は省略してもかまいません。


請願書・陳情書の処理の流れ

請願書・陳情書の処理の流れ

  1. 議会運営委員会による協議により、請願書・陳情書の取り扱いが決まり次第、委員会付託の場合には電話にて、参考配付の場合には文書にて提出者へご連絡します。
  2. 陳情書については、議会運営委員会での協議により、参考配付となる場合があります。
    なお、参考配付となった陳情書は全議員に配付します。
  3. 委員会で審査される請願・陳情につきましては、提出者の希望により、最初に審査される委員会で趣旨説明を行うことができます。                                                               なお、参考配付となった陳情は、委員会で審査しないため、趣旨説明はございません。
  4. 請願書の本会議での審査結果及び陳情書の委員会での審査結果については、提出者に文書にて通知いたします。
     

請願書・陳情書の取り下げ

請願書・陳情書を提出し、受理された後、何らかの理由により取り下げを行いたい場合には、その旨を書式例を参考に書面にて議会事務局まで提出してください。

(注釈)取り下げが出来るのは、請願書・陳情書が委員会にて審査される前までです。(継続審査を除く)  

(注釈)書式例中の「請願(陳情)番号」は議会事務局にて記入します。

 

提出された請願・陳情一覧

平成29年

平成28年

平成27年

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事担当
市役所本庁舎6階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1060
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る