ここから本文です。

危機関連保証

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1038271  更新日  令和2年5月27日

危機関連保証とは?

 危機関連保証とは、内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため、全国的な資金繰りの状況を示す客観的な指標である資金繰りDI等が、リーマンショック時や東日本大震災時等と同程度に短期かつ急速に低下することにより、日本の中小企業について著しい信用の収縮が全国的に生じていることが確認でき、国として危機関連保証を実施する必要があると認める場合に、実際に売上高等が減少している中小企業者を支援するため、信用保証協会が一般保証の限度額とは別枠で保証を行う制度です。
 市内の事業者がこの制度を利用するにあたっては、中小企業信用保険法第2条第6項に規定する「特例中小企業者」であることについての認定を、市から受けることが必要になります。

認定対象

  1. 中小企業信用保険法第2条第6項の要件に該当していること。
  2. 法人の場合、登記上の住所地又は事業実体のある事業所の所在地が茅ヶ崎市内である方
  3. 個人の場合は、事業実体のある事業所の所在地が茅ヶ崎市内である方

認定要件(すべてに該当すること)

  1. 申請者が、茅ヶ崎市内において1年間以上継続して事業を行っていること。
    (補足)創業後1年を経過していない事業者も申請することができます。詳細はお問い合わせください。
  2. 金融取引に支障を来しているもので、金融取引の正常化を図るため、資金調達が必要となっているもの。
  3. 指定を受けた災害等の発生に起因して、その事業に係る当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれること。

提出書類

  1. 認定申請書1通(代表者印を押印したもの。)
  2. 指定を受けた災害等の影響で、最近1 か月の売上高が前年同月の売上高に比べて15%以上減少していることが確認できる書類(売上高等根拠資料など)
  3. 最近1 か月とその後2 か月を含む3 か月の売上高が前年同期に比して15%以上減少する見込みが確認できる書類(売上高等根拠資料など)
  4. 本店の所在地が茅ヶ崎市内にあることがわかる書類(登記簿謄本、個人の場合は確定申告書の写し)
  5. 許認可書のコピー(許認可書の必要な業種の場合)

(注釈1) 上記書類2及び3が原本でない場合は、提出書類に原本証明をしていただく必要があります。
(注釈2) 訂正が発生した場合は、代表者印が必要となります。

留意事項

  1. 本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会の金融上の審査があります。
  2. 市長から認定を受けた後、本認定の有効期間内(認定書が発行されてから30日以内)に金融機関又は信用保証協会に対して、危機関連保証の申込みを行うことが必要です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

経済部 産業振興課 商工業振興担当
市役所本庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8377
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る