現在の位置:  トップページ > 市政情報 > 茅ヶ崎市のあらまし > 姉妹都市 > ホノルル市・郡の新型コロナウイルス情報(随時更新)


ここから本文です。

ホノルル市・郡の新型コロナウイルス情報(随時更新)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1039389  更新日  令和3年8月10日

ホノルル市・郡の新型コロナウイルス情報(随時更新)

 〇現在、ハワイ州では渡航者に対して、ハワイ州セーフトラベルズ・プログラム(Safe Travels Program)を実施しています。ホノルル空港到着時に搭乗便出発時刻の72時間以内に行ったPCR検査の陰性証明を提出して、事前プログラムに参加する人はハワイ到着後10日間の自己隔離が免除されます。

 〇オアフ島での新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が順調に進み、感染者数が継続して減少傾向にあることから、ホノルル市は6月11日(ハワイ時間、金曜日)から、経済活動再開計画の警戒レベルを現在の「第3段階」から、規制がもっとも緩い「第4段階」に移行することを発表しました。

 〇オアフ島では昨年9月から、新型コロナウイルス感染データをもとに警戒レベルを4段階に分け、経済再開に向けての行動制限を段階的に緩和する措置を講じています。ハワイ・ニュースナウの報道によりますと、会見でリック・ブランジアーディ市長は、地域住民一丸となって感染防止に努め、通常の生活に戻れるよう更なる協力を求めるとともに、ワクチン未接種の人たちに早急に接種を受けるよう呼びかけました。

警戒レベル「第4段階」で許可されている主な活動は以下の通りです。

〇屋外でのグループでの集まりは25人まで、室内では10人まで。

〇ナイトクラブ、カラオケなどでの集いは、ワクチン接種、もしくは陰性証明ができれば、座席定員の50%まで許可。

〇屋内スポーツの開催再開を許可。観客数は収容定員の33%以内に制限。

〇屋外ウェディングは最大200人まで参加許可。

 

 〇6月4日(金曜日)、ハワイ州のデービッド・イゲ州知事は、6月15日(火曜日)をもって、ハワイの隣島間の渡航者に対するコロナ規制を全終了すると発表しました。

 〇これにより、隣島を行き来する場合に義務付けられているPCR検査と到着後の自己隔離義務は、撤廃されます。ワクチン接種をどこで受けたか、またワクチン接種を完了しているかなどに関係なく、島間旅行者の事前検査ならびに自己隔離措置は不要となります。

 〇ハワイ州では6月4日(金曜日)現在、住民の52%が新型コロナウイルスのワクチン接種を終了しており、ワクチン接種率が50%に到達したことからこの決断が下されました。

 〇また6月15日(火曜日)から、ハワイ州でワクチン接種を終えた渡航者は、ハワイ州外からハワイへ来る際に陰性証明書を提示をせずとも、到着後の自己隔離義務が免除されるとのことです。

 〇5月11日(火曜日)からは、ハワイ州内で新型コロナウイルスのワクチン接種を完了してハワイの島間を渡航する場合、自己隔離措置が免除される「ワクチントラベルプログラム」が実施されていましたが、6月15日からは、ハワイ州でワクチンを受けて州外からハワイへ到着する人にこのプログラムを適用させる形となります。

 

 〇7月末から3桁台で新型コロナウイルスの新規感染者が増え続けている中、ハワイ州内の公立校が8月3日(火曜日)、対面主体での授業による新学期を迎えました。

 この日は州内の計257校、およそ16万5千人の生徒が2021~22年度の学期をスタート。感染拡大が懸念される中、州教育局ではキャンパス内でのマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保を徹底し、またワクチン接種の推進で感染防止を図ることを強調しています。なお2020~21年度は、学期のほとんどで遠隔授業が実施されました。

 州当局の発表では、新学期を迎えた学生のうち、およそ8万3千人がワクチン接種対象年齢に達していない12歳未満の児童で、(接種可能な)12~17歳の児童のおよそ47%が少なくとも1回目のワクチン接種を済ませているということです。

疾病管理予防センター(CDC)によるハワイ州から他国・地域への渡航注意レベル

レベル4(渡航中止)
インド、北朝鮮、ブータン、イラン、イラク、シリア、アフガニスタン、キルギス、トルクメニスタン、オマーン、イエメン、リビア、マリ、エチオピア、ブルキナファソ、ソマリア、南スーダン、中央アフリカ共和国、ブルンジ共和国、コソボ、ロシア、メキシコ(一部都市)、キューバ、ハイチ、ベネズエラ、仏領ギアナ、ブラジル、アルゼンチン
レベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告))
中国、日本、フィリピン、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、パキスタン、東ティモール、ウズベキスタン、クウェート、アラブ首長国連邦、バーレーン、カタール、サウジアラビア、ヨルダン、カザフスタン、イスラエル、パレスチナ、エジプト、レバノン、キプロス、トルコ、アジェルバイジャン、ジョージア、アルメニア、ウクライナ、モルドバ共和国、ルーマニア、ブルガリア、セルビア、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア、ハンガリー、スロベニア、スロバキア、チェコ共和国、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、エストニア、ポーランド、イギリス、アイルランド、ヨーロッパ諸国、アイスランド、レベル4以外+ベニン・ルワンダ・ガボン以外のアフリカ諸国、カナダ、メキシコ(一部都市)、グァテマラ、ホンジュラス、ベリーズ、ニカラグア、コスタリカ、ジャマイカ、エルサルバドル、エクアドル、スリナム、チリ、パラグアイ、レベル4+米国領ヴァージン諸島・バルバドス・セントルシア・セントクリストファー・ネイビス連邦・セントビンセントおよびグレナディーン諸島以外のカリブ海諸島、パブアニューギニア、ソロモン諸島、仏領ポリネシア、キリバス、パナマ、コロンビア、マラウイ共和国、ボリビア、ドミニカ共和国、インドネシア、ペルー、タジキスタン、バハマ、ガイアナ
レベル2(不要不急の渡航は止めてください。)
モンゴル、ベトナム、ブルネイ、カンボジア、フィジー、ニューカレドニア、パラオ、グレナダ、セントルシア、モーリシャス、マーシャル諸島、ミクロネシア、バミューダ、オーストラリア、バルバドス、ベニン、ラオス、ルワンダ、セントクリストファー・ネイビス連邦、サモア、セーシェル、韓国、トンガ、ウルグアイ、バヌアツ、カナリア諸島、セントビンセントおよびグレナディーン諸島
レベル1(十分注意してください)
台湾、マカオ、プエルトリコ、米国領ヴァージン諸島、ニュージーランド、タイ、ガボン

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 姉妹都市担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る