現在の位置:  トップページ > くらし > お年寄り > 介護保険 > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1038870  更新日  令和2年6月18日

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の有効期間の延長について

今般の新型コロナウイルス感染症への対応のため、要介護・要支援認定につきまして、
別添のとおり対策を行うこととしましたので、お知らせします。

1 次の要件を全て満たす被保険者については、認定調査を実施せず、従来の有効期間に
新たに最長12か月を合算する方針といたしました。
(要件1)新型コロナウイルス感染症への拡大防止の観点から、当該被保険者にかかる
認定調査の実施を希望しないこと。
(要件2)現認定有効期間満了の日の60日前から現認定有効期間満了の日までの間に、
更新申請を行うために申請書を提出した被保険者であること。

2 結果通知について
認定結果通知書等を郵送交付します。本市では介護認定審査会の開催を継続しておりますが、今般の新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から、当面の間、介護認定審査会を書面会議にて行うこととしました。そのため、書面のやりとりに時間を要し、予定していた審査日に認定結果を出せない可能性があります。あらかじめご了承ください。

3 申請書の記載及び提出の方法について
(1)有効期間延長希望であることを申請書に明示してください。
希望しない場合は、通常の更新申請の手続きを行ってください。
(2)窓口の混雑緩和のため、更新申請の受付開始日を市内事業所所在地別に指定させていただきますので、
該当する地区の受付開始日に来庁してください。

郵送については、随時受付いたします。

詳細は下記をご参照ください。

参考:厚生労働省

転入による要介護認定の引き継ぎについて

転入による要介護認定の引き継ぎは、転入先市区町村で交付された受給資格証明書を添付して、転入日から14日以内に認定の申請を行う必要がありますが、新型コロナウィルス感染症の影響によるやむを得ない理由により、15日目以降の申請となった場合については、14日以内に申請があったものとみなして取り扱うこととします。

参考:厚生労働省

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉介護課 認定担当
市役所本庁舎1階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-1435
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る