ここから本文です。

第46回宇宙教室

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034096  更新日  平成31年3月28日

イベントカテゴリ: 講座・講演  ジャンル:子育て・教育

第46回宇宙教室

実験と体験から学ぶ不思議な真空の世界2

平成31年3月2日土曜日、「第46回ちがさき宇宙教室~実験と体験から学ぶ不思議な真空の世界2」を市内萩園の株式会社アルバックさんの全面的なご協力を得て開催しました。
 同社での宇宙教室は、昨年度に続き2回目。今回は、親子連れを中心とした116名の皆さんがさまざまな真空実験にチャレンジしました。
 最初は、17世紀のドイツで行われた有名な実験、「マクデブルクの半球」の再現です。6人ずつの班に分かれた参加者は、真ん中にゴム板を挟んで密閉性を高めた二つのステンレス製のボールから、小さなポンプを使って徐々に空気を抜いていきます。
するとあら不思議、真空状態になった二つのボールは、引っ張っても簡単には離すことができなくなりました。
 真空砲の実験では、長い筒状の実験装置から、大きな音とともに時速1000キロの速さでピンポン球が発射されると、アルミ缶を一瞬で貫きました。この様子は、高速度カメラで撮影され、スロー再生でしっかりと確認することができました。
 ほかにもアルバックのお二人の講師の指導の下、真空状態の中でマシュマロを膨らましたり、80度のお湯を沸騰させたりしたほか、エアインチョコを作る実験やアルミを蒸発させてフィルムなどに付着させる「蒸着」とう技術を間近で見ることができました。
 楽しかった90分間の実験のあとは、アルバックさんのご厚意により工場見学させていただきました。アルバックのスタッフの皆様、ありがとうございました。

真空の中では風船もみるみる膨らみます。

「いち、にの、さん」真空砲でピンポン球を高速発射。

みんなで記念撮影を!!

開催日
平成31年3月2日(土曜日)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 青少年課 育成担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る