現在の位置:  トップページ > くらし > 教育(くらし) > 野口宇宙飛行士関連事業 > ちがさき宇宙教室紹介 > 第30回宇宙教室 (野口聡一宇宙飛行士飛行10周年記念事業)


ここから本文です。

第30回宇宙教室 (野口聡一宇宙飛行士飛行10周年記念事業)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1014639  更新日  平成30年1月12日

第30回ちがさき宇宙教室 ~第10回ちがさき宇宙記念日~

平成27年8月9日(土曜日) 平和学園賀川村島記念講堂

野口宇宙飛行士からのビデオレター

8月9日(日曜日)野口聡一宇宙飛行士飛行10周年記念事業「第10回ちがさき宇宙記念日・第30回ちがさき宇宙教室特別授業」を学校法人平和学園賀川村島記念講堂で開催しました。
今回は、的川泰宣JAX名誉教授、野口聡一JAXA宇宙飛行士を講師にお招きし、日本のロケットのはじまりのお話や、野口宇宙飛行士の10年間の歩みとこれからの夢について、当日参加した638人の皆様にお話いただきました。

また、野口宇宙飛行士の飛行10周年を祝し、土井隆雄宇宙飛行士からのメッセージ、山崎直子宇宙飛行士や茅ヶ崎市民栄誉賞の皆様からのお祝い直筆サインやビデオレター、10年前に野口宇宙飛行士が宇宙に一緒にもっていった本物のペンシルロケットとの再会など、会場の皆様に多くの感動と夢を与えていただき、大成功のまま終えることができました。そして、最後は、野口宇宙飛行士からのサプライズプレゼント!!会場のこどもたちと記念撮影!!夏の思い出、そして一生忘れられない一日になりました。


テレビ会議

特別授業の中で、会場のこどもから「宇宙から茅ケ崎の花火大会は見えますか?」との質問に、野口宇宙飛行士にとても丁寧にお答えいただきました。


的川先生による日本のロケットのはじまりのお話です。

特別授業の中で、「傘寿を迎えた日本の宇宙ロケット-それは茅ケ崎からはじまった-」をテーマに、的川泰宣JAXA名誉教授による基調講演を行いました。

一緒に宇宙に行った本物のペンシルロケットとの再会

10年前に野口宇宙飛行士が宇宙に持っていった本物のペンシルロケットと感動の再会です!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 青少年課 育成担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る