現在の位置:  トップページ > くらし > 教育(くらし) > 茅ヶ崎市の社会教育 > 社会教育講座 > 英語でおもてなし~楽しく異文化コミュニケーション法を学ぼう~


ここから本文です。

英語でおもてなし~楽しく異文化コミュニケーション法を学ぼう~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1038189  更新日  令和2年4月3日

英語でおもてなし~楽しく異文化コミュニケーション法を学ぼう~

開催日:令和1年(1)10月29日(火曜日)、(2)11月12日(火曜日) いずれも10時から12時

会 場:民俗資料館「旧藤間家住宅」(茅ヶ崎市柳島二丁目6番30号)

講 師:内藤 真由美さん(May English代表)、富永 富士雄(文化資料館社会教育嘱託員)(注)(1)のみ

参加人数:(1)15人 (2)13人

講座の内容

茅ヶ崎市が「東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会」における北マケドニア共和国のホストタウンに登録されました。今後、国際色が高まり、外国人旅行者等と接することが身近になることが予測されます。客室乗務員や通訳等で、20か国以上の海外渡航経験がある経験豊富な講師により、国際マナーや、楽しく異文化コミュニケーションをとる方法を、初級英会話も交えながら身につけ、国際的なおもてなしを学びました。

今回は特別に、普段中に入ることのできない、民俗資料館「旧藤間家住宅」の主屋内を会場とし、(10月29日(火曜日)のみ、社会教育嘱託員による、旧藤間家住宅の紹介も実施)和洋折衷建築の趣のある文化的な空間の中で、楽しく異文化体験を実施しました。

 

【講座カリキュラム】

1.外国人を迎える際の心構え・マナーの習得

[今から心がけたい3つのこと]

[第一印象の重要性]

[おもてなしのコツ]

 

2.おもてなし英語

[避けたい英語表現]

[あいづち表現]

[同調の表現]

[さようならの表現]

 

3.異文化を理解する

[異文化コミュニケーションとは]

[他の国と日本の文化、習慣の違い]

(1)ジェスチャーには注意が必要

(2)日本は察しの文化、外国は主張の文化

写真1

おもてなし3

講師紹介

内藤 真由美 さん(May English 代表)

外資系航空会社CA、英国大使館での英語通訳業務、大学講師を経て、現在、茅ヶ崎と辻堂の英語コーチング教室「May English」の代表として活動する傍ら、官公庁、企業、教育機関におけるビジネス英語、異文化コミュニケーション、ビジネスマナー等の指導等、幅広く活動している。

参考

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育推進部 社会教育課 社会教育担当
市役所分庁舎3階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-58-4265
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る