現在の位置:  トップページ > くらし > 子育て > 新型コロナウイルス感染症対策~妊婦・こどものいるご家族へ~


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策~妊婦・こどものいるご家族へ~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1039114  更新日  令和2年6月1日

妊娠中に感染したらどんな影響がありますか?

妊娠中でも過度な心配はいりません。

現時点では、妊娠後期に感染をしたとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。

胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告もありません。

(注)添付ファイルにある、リーフレット「新型コロナウイルス(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~」をご覧ください。

子どもの具合が悪い場合、どうすればいいいのか?

子どもにおける新型コロナウイルス感染症に関しては、感染者の報告が大人に比較して少ないため、わかっていないことが多いです。

原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しそう、水分や食事がとれない、ぐったりしているなどの症状がみられるときは、新型コロナウイルスに感染しているか否かにかかわらず、他の病気の可能性も考えられるので、速やかにかかりつけ医療機関に連絡の上、受診してください。

注)添付にある、新型コロナウイルス対策(COVID-19)~子どものいるご家族へ~をご覧ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課 こども健康・予防接種担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3331 ファクス:0467-38-3332

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る