現在の位置:  トップページ > 広報 > まん延防止等重点措置について


ここから本文です。

まん延防止等重点措置について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1043287  更新日  令和3年5月31日

4月15日の神奈川県からの「まん延防止等重点措置」の適用の申請を受け、4月16日に国は神奈川県を「まん延防止等重点措置」の区域に指定しました。
横浜市・川崎市・相模原市は4月20日から、鎌倉市・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市は4月28日から「措置区域」に指定されています。

その後、神奈川県を対象とした「まん延防止等重点措置」が延長され、5月12日からは横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・伊勢原市・葉山町・寒川町も「措置区域」の対象となっています。
6月1日からは平塚市・小田原市・秦野市が追加となります。

引き続き皆さまには、手洗い・マスクの着用・こまめな換気など感染予防の徹底をお願いいたします。

措置を実施する期間

4月20日から6月20日まで
(注)茅ヶ崎市は5月12日から追加されています

まん延防止等重点措置の内容

5月12日から茅ヶ崎市が「措置区域」に指定されています。

市民の外出自粛等

  • 生活に必要な場合(注)を除く、日中を含めた外出の自粛
  • 生活に必要な場合を除く都道府県をまたぐ移動の自粛
  • 混雑している場所や時間を避けて行動する
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用自粛
  • 時短営業の要請をしている時間以降に飲食店等にみだりに出入りしない
  • 路上での飲酒、いわゆる路上飲みをしない
  • 昼夜を問わずマスク飲食の実践
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」、在宅勤務、時差出勤などの周知の徹底を図る
(注)生活に必要な場合の例
医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な出勤・通学、自宅近隣における屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なもの

事業者への要請等

飲食店等への要請

営業時間の短縮
  • 営業時間は5時から20時まで(酒類の提供は終日停止)
まん延防止等の措置
  • 従業員に対する検査を受けることの勧奨
  • 入場者の感染防止のための整理及び誘導
  • 発熱、その他の症状のある者の入場の禁止
  • 手指の消毒設備の設置
  • 事業所の消毒
  • 入場者へのマスク飲食の周知
  • 正当な理由なくマスク飲食等の感染防止措置を講じない者の入場の禁止
  • 施設の換気
  • アクリル板等飛沫を遮ることのできる板等の設置
    利用者の適切な距離の確保
    飲食を主として業としている店舗に対するカラオケ設備提供の終日停止など飛沫感染防止に効果のある措置
  • 酒類の提供(利用者による酒類の店内持込みを含む)は終日停止
全ての店舗へのガイドライン遵守要請

 

イベントの開催制限

  • 営業時間は5時から21時まで(酒類の提供は終日停止の協力要請)
  • 参加者に対するイベント前後の会食自粛の周知
  • 歓声・声援等が想定されないもの 収容率100%以内
    歓声・声援等が想定されるもの 収容率50%以内
    人数上限 5,000人
  • イベント主催者等へのガイドライン遵守要請
  • 入場者の感染防止のための整理誘導の働きかけ

 

テレワークの徹底等

  • 「出勤者数の7割削減」を目指すことも含め、接触機会の低減に向け、テレワークやローテーション勤務の実施
  • 時差出勤、週休や昼食時間の分散化、テレビ会議の活用、感染リスクが高まる「5つの場面」を避けるなど、通勤・在勤時の密を防ぐ取組の徹底
  • 基本的な感染防止対策の徹底や会食自粛

 

大学や学校への要請

  • 学生、生徒への基本的な感染防止対策の徹底や会食自粛
  • 特に寮生活、クラブ・部活動など集団行動における感染防止対策の徹底

 

高齢者施設等への要請

  • 高齢者施設等に対して、県又は保健所設置市が行う施設従事者へのPCR検査等の受検を促すよう要請

 

神奈川県実施方針

その他、詳細の要請内容は神奈川県ホームページをご確認ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る