現在の位置:  トップページ > 広報 > 記者会見・発表 > 記者発表 > 令和2年7月3日発表 2020年上半期の救急出動件数が減少 新型コロナウイルス感染症対策の外出自粛や健康管理が影響


ここから本文です。

令和2年7月3日発表 2020年上半期の救急出動件数が減少 新型コロナウイルス感染症対策の外出自粛や健康管理が影響

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1039669  更新日  令和2年7月3日

茅ヶ崎市記者発表資料

 市内における年間の救急出動件数が毎年増加傾向である中で、2020年1月から6月までの上半期は、救急出動件数が前年同時期に比べ734件(約13%)減の4,949件となりました。新型コロナウイルス感染防止対策による外出自粛、手洗い、うがい、マスク着用の徹底など、市民ひとりひとりの健康管理の積み重ねと考えられます。

 消防本部は、救急体制を万全に整え「安全・安心なまちづくり」を目指し、「感染まん延防止」、「救急車の適正利用」、「熱中症予防」の啓発活動を引き続き実施します。

注)詳細は別紙記者発表資料参照

問い合わせ

消防本部警防救命課 救命担当課長 小山 朋弘 電話0467(82)1111 内線4141

PDF

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画部 秘書広報課 広報担当
市役所本庁舎5階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-87-6345
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る