2022年(令和4年)4月1日以降、成年年齢は18歳に引き下げられます

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

広報

表

成年年齢の引き下げによる影響について


契約は自己責任!18歳から大人

民法の改正により、2022年4月1日以降、成年年齢が18歳に引き下げられます。18歳は大人として扱われます。今まで未成年者の契約には親の同意が必要で、親の同意なく未成年者が契約した契約を取り消す場合、民法で定める「未成年者取消権」により契約の取り消しができました。しかし、2022年4月1日以降、18歳以上の方は親の同意なく契約することができるようになります。「未成年者だから取消ができる」は通用しません。今まで20歳以上の方に多かった消費者被害が18歳を迎える方も増えてしまう可能性があります。契約は慎重に。

成人式はどうなるの?(青少年課)

茅ヶ崎市の成人式は、「はたちのつどい」に名称変更し、引き続き20歳を迎える方を対象に開催いたします。令和5年1月開催の「はたちのつどい」の対象者やその他詳細については青少年課ホームページをご確認ください。

「簡単に儲かる話には要注意!」投資・副業の契約トラブル(消費生活センター)

若者に多い消費者被害トラブルの一つとして、SNSを通して契約した投資・副業の契約トラブルがあります。「簡単に儲かる」と甘い言葉で巧みに勧誘されます。「簡単に稼げる」話には要注意!すぐに契約せず、信頼できる人や消費生活センターにご相談を!

ご相談窓口は消費生活センターまで

契約に関する消費者トラブルでお困りの方は消費生活センターまでご相談ください。


このページに関するお問い合わせ

市民安全部 市民相談課 消費生活センター
市役所本庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-57-8388
お問い合わせ専用フォーム