現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 予防接種 > インフルエンザについて > 高齢者のインフルエンザ予防接種について


ここから本文です。

高齢者のインフルエンザ予防接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1021996  更新日  令和2年10月7日

インフルエンザにかからないために

外出後の手洗い等

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特に御高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。

高齢者のインフルエンザ予防接種を実施

市では65歳以上の方を対象に、インフルエンザの予防接種を実施します。
インフルエンザの予防接種は、高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることから、実施期間内の体調のよい時に予防接種を受けましょう。

対象は65歳以上の方および60歳から64歳以下の一定の障がいをお持ちの方です(下記「対象者」欄でご確認下さい)。また、生活保護受給者は費用が免除となります。

実施期間

令和2年10月1日~令和3年1月31日

(注)医療機関の休診日は除く

(注)インフルエンザワクチンの効果が現れるまでに2週間程度かかり、その後、約5か月間効果が維持されるので、インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けるようにしましょう。毎年1回受けることが予防には有効です。

対象者

予防接種を受ける時期により対象が異なります。

接種日現在茅ヶ崎市に住所を有し、次に該当する方

令和2年10月1日から令和2年12月31日までの間

接種日現在で(1)(2)のいずれかを満たす方

令和3年1月1日から令和3年1月31日までの間

令和2年12月31日現在で(1)(2)のいずれかを満たす方

(1)65歳以上の方

 健康保険証等住所・生年月日のわかるものをご持参ください。

(2)60歳から64歳の方で、
 心臓、腎臓、呼吸器または免疫の機能障がいにより1級の身体障がい者手帳を所持している方

 身体障がい者手帳をご持参ください。

(注)生活保護法による被保護世帯の方は「生活保護受給票・休日夜間受診票」と併せて住民登録地が確認できるもの(保険証・住民票等)を実施医療機関にご提示ください。

費用

自己負担金 無料

(注)指定医療機関以外で接種した場合は、全額自己負担になります。


高齢者インフルエンザ予防接種の自己負担金の無償化について
令和2年9月24日に、神奈川県議会において高齢者インフルエンザ予防接種の対象者の自己負担金を無償とする補正予算が可決された旨について報道がありました。
上記報道については、神奈川県 健康医療局 医療危機対策本部室へお問い合わせください。
問い合わせ先電話番号:045-210-4791

実施医療機関

一般的注意

インフルエンザの予防接種の必要性や副反応について、よく理解し、わからないことがあれば、予防接種を受ける前に担当の医師に質問しましょう。十分に納得できない場合には、接種を見合わせましょう。
予診票は接種を受ける人が責任を持って記入し、正しい情報を接種医師に伝えてください。

予防接種を受けることができない人

  1. 接種医療機関で測定した体温が37.5度以上の人
  2. 重篤な急性疾患にかかっている人
  3. 以前にインフルエンザの予防接種を受けて、具合が悪くなったことのある人
  4. その他、医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種を受けた後の一般的注意

  1. 予防接種を受けたあと30分間は、医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
  2. 激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。
  3. 異常な症状がある時は、早めに医師の診察を受けてください。
  4. その他の不明な点があれば茅ヶ崎市保健所 健康増進課までお問い合わせください。

指定医療機関以外で高齢者インフルエンザ予防接種を受ける場合

費用は自己負担(医療機関の指定する金額)となりますが、茅ヶ崎市保健所が発行する「予防接種実施依頼書」を医療機関にお持ちいただくことで、万一予防接種により健康被害が生じた場合などに、その実施責任が茅ヶ崎市にあることを明確にすることができます。

「予防接種実施依頼書発行申請書」を下記リンクよりダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、市保健所健康増進課にご提出下さい(郵送可)。
送付先:〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎1-8-7
保健所健康増進課 こども健康・予防接種担当

申請書を受理後、「予防接種実施依頼書」を発行し、申込者へ送付します。
なお、申し込み受理から発送までは、約10日間かかりますので、余裕をもってお申し込み下さい。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課 こども健康・予防接種担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3331 ファクス:0467-38-3332

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る