現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 食品衛生 > 有毒植物による食中毒に注意しましょう!


ここから本文です。

有毒植物による食中毒に注意しましょう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1034560  更新日  令和2年5月11日

有毒植物による食中毒に注意をしましょう!

例年、特に春先から初夏にかけて、有毒植物の誤食による食中毒が多く発生します。
2020年も、有毒植物の誤食による食中毒事例が報告されています。(2020年4月20日現在、全国における事件数5件、患者数13名)

食用と間違いやすい有毒植物の一例
厚生労働省リーフレット抜粋

食用と『確実に』判断できない植物は、

  1. 絶対に採らない。
  2. 絶対に食べない。
  3. 絶対に売らない。
  4. 絶対に人にあげない。

万が一、植物を食べて体調が悪くなった時は、医療機関を受診しましょう。

有毒植物以外にも、自然には毒を持った動物、植物があります。

有毒植物以外にも、自然界の動物や植物の中には、体の中に毒成分(自然毒)を持っているものが、数多く知られています。
これら自然毒による食中毒は、飲食店等で起きる一般的な食中毒(細菌性、ウイルス性)と比べると、発生件数や患者数は、それほど多くありません。
しかし、フグ毒のように致死率の高いものもありますので、食用と『確実』に判断できない場合は、絶対に食べないで下さい。

(注)詳細は、外部リンク(自然毒のリスクプロファイルなど)をご参照ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 衛生課 食品衛生担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3316 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る