現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症の陽性患者となった場合


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の陽性患者となった場合

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1041649  更新日  令和3年11月1日

新型コロナウイルス感染症の陽性患者となった場合

新型コロナウイルス感染症の陽性患者となった場合について

〇感染症法の規定により、感染防止のために原則として隔離療養にご協力をいただくことになります。
療養については症状の内容や基礎疾患の有無等により、入院や療養施設、自宅等で行うことになりますが、陽性判定がご本人に通知された後、居住地等の保健所から入院等の調整連絡が入ります。
〇陽性と診断された方と濃厚接触をした方々を把握するために、保健所の保健師が行動状況などの聞き取りを行います。感染拡大防止対策や、濃厚接触者の方への検査のご案内につながりますのでご協力をお願いします。

(聞き取り内容例)

感染したかもしれないという心当たりの有無

発症前から診断されるまでの行動

療養について

〇どのような療養になるかは個別調整をさせていただきますが、自宅・宿泊療養になった場合は以下のリンク先にあります「自宅・宿泊施設療養のしおり」をご確認ください。

〇入院や施設療養までの間も以下のことについて注意してください。

1.外出や周囲の方との接触は避けてください

感染拡大防止のため、ご本人は外出せず、自宅で過ごしてください。自宅内でも必要最小限の行動にとどめてください。

ご家族など同居の方も、生活上、必要な外出を除き、不要不急の外出は控えましょう。外出する場合はマスクを着用してください。

外部からの不要不急の訪問者は受け入れないようにしましょう。

2.同居者がいる場合は下記の点について注意してください

家庭内ではタオルの共用を避け、可能な限り空間を分けて生活してください。

咳エチケットと石けんと流水での手洗い、アルコール消毒を心がけてください。

部屋の換気をこまめにおこなってください。

手を触れる共用部分は70%アルコールまたは次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。

鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れて密封して廃棄してください。

自宅療養中の方へのサポート(地域療養の神奈川モデル「茅ヶ崎版」)

 令和3年11月から、茅ヶ崎医師会と訪問看護ステーションに委託し、自宅療養患者の健康観察等を実施していただく「地域療養の神奈川モデル 茅ヶ崎版」の運用を開始しています。

 自宅療養患者のうち、症状の悪化リスクのある方や悪化が疑われる方を感染状況に応じて保健所が選定し、患者本人の了解を得て、茅ヶ崎医師会や訪問看護ステーションへ情報提供します。情報提供を受けた医療関係者の医師や看護師は、患者の病状に合わせて1日1回以上、電話等による健康観察を実施して症状を確認するとともに、必要に応じてオンライン診療や薬剤の処方、往診等を行います。健康観察の過程で入院等が必要と判断した場合、医療機関は保健所へ報告し、報告を受けた保健所が患者の受診や入院調整を実施するなど、自宅療養中の方をサポートします。

対象者

「神奈川モデル入院優先度判断スコア3以上」「入院待機者」「血中酸素飽和度(SpO2)95%以下」等の自宅療養患者、保健所が医師等による観察を必要と判断した自宅療養患者

風水害時の避難について

 ハザードマップを見て、ご自宅の災害リスク(浸水想定区域や土砂災害警戒区域等)をあらかじめ確認しましょう。また、災害に備えて、一週間程度生活ができるように必要な備蓄品を用意しましょう。

 自らの命は自ら守るため、台風・豪雨時に備えてハザードマップと一緒に「避難行動判定フロー」を確認してください。

 

ハザードマップの見方

避難行動判定フロー

茅ヶ崎市洪水・土砂災害ハザードマップ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る