現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 会社等で感染が確認された場合について


ここから本文です。

会社等で感染が確認された場合について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1041646  更新日  令和3年1月28日

会社等で感染が確認された場合について

従業員等の感染が確認された場合に必要なこと

職場として次の通りの対応が必要となりますのでご協力のほどよろしくお願いします。

  1. 濃厚接触者及び濃厚接触者以外の接触者のリストアップ
  2. 濃厚接触者及び濃厚接触者以外の接触者の健康観察(14日間)
  3. 施設の消毒

1.濃厚接触者及び濃厚接触者以外の接触者のリストアップについて

発症の2日前から入院または自宅等での療養の開始までの患者の行動に基づき、患者と濃厚接触がある方及びそれ以外の接触のある方をリストアップしてください。

【濃厚接触者の感染症法上の定義】

「濃厚接触者」とは、新型コロナウイルス感染症確定患者の感染可能期間(患者の発症の2日前から入院または自宅等での療養の開始までの期間)に接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。

新型コロナウイルス感染症確定患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空内等を含む)があった者

適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症確定患者を診察、看護若しくは介護していた者

新型コロナウイルス感染症が疑われる患者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

その他:手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「新型コロナウイルス感染症確定患者」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。

(新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領より)

【濃厚接触者以外の接触者の対象例(注)】

対面で会話等をした際に、患者及び自身がマスクをしていた方

短時間同じ空間にいたが、患者との接触がない方

(「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(一般社団法人日本環境感染学会)」の考え方を参考にしています)

 (注)濃厚接触者以外の接触者とは

感染症法において、新型コロナウイルス感染症の接触者について明確な規定はありませんが、患者の発症の2日前から入院または自宅等での療養の開始までに接触した可能性のある方々を広く対象としています。

2.濃厚接触者及び濃厚接触者以外の接触者の健康観察(14日間)について

濃厚接触者については、感染症法に基づき濃厚接触者が居住する保健所が実施しますが、職場としても確定患者と最後に接触があった日から14日間、発熱や呼吸器症状等の有無について健康観察を実施し、記録してください。また、必要に応じて自宅での健康観察等により対応してください。

濃厚接触者以外の接触者については、感染症法に基づく明確な規定はないので事例により対応が異なりますが、症状が出た場合には速やかに職場に報告する等必要に応じた対応をお願いします。

【健康観察の方法】

発熱や呼吸器症状等の有無について、1日1回、電話やメール等で確認する。

接触者自身が業務開始前に発熱や呼吸器症状等の有無を報告する。

3.施設の消毒について

患者が触れた可能性のある場所について、消毒剤を用いて消毒実施してください。

【手で触れる共有部分の消毒】

物に付着したウイルスはしばらく生存します。ドアの取っ手やノブ、ベッド柵など共有部分は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。

(注)家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、濃度が0.05%(製品の濃度が6%の場合、水3Lに液を25)になるように調整してください。

洗面所等は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。 

感染が疑われる家族の使用したものを分けて洗う必要はありません。

 洗浄前のものを共有しないようにしてください。特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどで共有しないように注意してください。

【トイレの消毒】

新型コロナウイルス感染症の疑いのある患者や新型コロナウイルス感染症の患者、濃厚接触者が使用した使用後のトイレは、急性の下痢症状などでトイレが汚れた場合には、次亜塩素酸ナトリウム(市販されている家庭用漂白剤等はこれにあたります。)(0.1%)、またはアルコール(70%)による清拭をすることを推奨します。

【汚れたリネン、衣服の洗濯】

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。

(注)糞便からウイルスが検出されることがあります。

4.その他

会社等で感染が確認された際、場合によってはクラスター対策として集団検査を行う可能性もございますので、その際はご協力のほどよろしくお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る