現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口について


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1038779  更新日  令和2年8月1日

各種相談窓口について

新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる場合

茅ヶ崎市 帰国者・接触者相談センター

市では新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかがわからないという茅ヶ崎市および寒川町にお住まいのみなさんの不安を軽減し、適切な医療機関につなぐため、市保健所に電話相談窓口として「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。

電話番号
0467-55-5395
ファクス番号
0467-82-0501

(注)聴覚障害者の方が帰国者・接触者外来を受診することとなった場合、2次元バーコードを活用した遠隔手話通訳サービスを利用することができます(利用には予約が必要です)。利用を希望する場合はお気軽にご相談ください。

受付時間

月曜日から金曜日 9時から19時
土曜日及び祝日 9時から17時

帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 

1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

2.重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状のいずれかがある場合(重症化しやすい方→高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)

3.上記以外の方で発熱や咳など比較的かるい風の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

妊婦の方へ
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。
お子様をお持ちの方へ
小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

なお、この目安は、市民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

(注1)基礎疾患とは

糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)が含まれます。また、透析を受けている方や免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方も早めにご相談ください。

(注2)7月22日付厚生労働省事務連絡における新型コロナウイルス感染症の流行地域

アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アフガニスタン、アラブ首長国連邦、アルジェリア、アルゼ ンチン、アルバニア、アルメニア、アンティグア・バーブーダ、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、英国、エクアドル、エジプト、エストニア、エスワティニ、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、ガイアナ、カザフスタン、カタール、カナダ、ガボン、カメルーン、韓国、ガーナ、カーボベルデ、北マケドニア、ギニア、ギニアビサウ、キプロス、ギリシャ、キルギス、キューバ、グアテマラ、クウェート、グレナダ、クロアチア、ケニア、コスタリカ、コソボ、コモロ、コロンビア、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボワール、サウジアラビア、サントメ・プリンシペ、サンマリノ、シエラレオネ、ジブチ、ジャマイカ、ジョージア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリナム、スロバキア、スロベニア、スーダン、赤道ギニア、セネガル、セルビア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント 及びグレナディーン諸島、ソマリア、タイ、台湾、タジキスタン、チェコ、中央アフリカ、中国 (香港及びマカオを含む。)、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トルコ、ナミビア、ニカラグア、ニュージーランド、ネパール、ノルウェー、ハイチ、パキスタン、バチカン、パナマ、バハマ、パラグアイ、バルバドス、パレスチナ、ハンガリー、バングラデシュ、バーレーン、フィリピン、フィンランド、フランス、ブラジル、ブルガリア、ブルネイ、米国、ベトナム、ベネズエラ、ベラルーシ、ベルギー、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ボリビア、ポルトガル、ホンジュラス、ポーランド、マダガスカル、マルタ、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、モナコ、モルディブ、モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、モーリシャス、モーリタニア、ラトビア、リトアニア、リビア、リヒテンシュタイン、リベリア、ルクセンブルク、ルーマニア、レバノン、ロシア

(注3)濃厚接触とは、次の範囲に該当するものです
  •  患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
  •  適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
  •  患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
  •  その他: 手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定 例)」と 15 分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的 に判断する)。

厚生労働省の電話相談窓口

1月28日(火曜日)18時から厚生労働省の電話相談窓口が設置されています。ウェブサイト等と併せて情報収集にご利用ください。

  1. 電話番号
    0120-565653(フリーダイヤル)
  2. 受付時間
    9時から21時(土日・祝日も実施)

(注)詳細は厚生労働省の情報をご確認ください

神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル

 1月25日(土曜日)10時から、神奈川県では新型コロナウイルスに関連した肺炎患者に関するご相談に対応するため専用ダイヤルが設置されています。

  1. 電話番号
    0570-056774
  2. 受付時間
    9時から21時(土日・祝日も実施)

(注)詳細は神奈川県へお問い合わせください

救急の場合

各種支援について

新型コロナウイルス感染症の影響による労働相談等の支援について

国では、労働者が安心して働くことができる環境整備のための下記の支援策があります。詳細は以下のページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援について

新型コロナウイルス感染症の流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象とした支援策や相談窓口の開設について、以下のページでお知らせしています。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における特例措置について

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得者世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金、総合支援資金(生活支援費)の特例貸付を実施しています。詳細は以下のページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響によるDV相談

 内閣府ではメールで24時間、DVの相談を受け付けています。詳細は以下のページをご確認ください。

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る