現在の位置:  トップページ > くらし > 健康・衛生・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症について


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1037731  更新日  令和2年4月2日

茅ヶ崎市保健所管内での患者発生状況について

詳細は以下のページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症について

令和元年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症について、全国で感染者が増加傾向にあり、茅ヶ崎市保健所管内(茅ヶ崎市・寒川町)においても複数の事例が発生しております。

市民のみなさまにおかれましては手洗い、消毒、咳エチケット(マスクの着用など)をお一人おひとりに徹底して行っていただくことが大変重要です。また「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集」「近距離での会話」、この3つの条件にあてはまる場所は感染リスクの高い場所です。できるかぎり避けてください。市民のみなさまや企業のみなさまのご協力が重要です。引き続きご協力をお願い申し上げます。

マスクをするえぼし麻呂と手洗いをするえぼし麻呂

新型コロナウイルス感染症についてのお話

茅ヶ崎市保健所長より、新型コロナウイルス感染症を中心とした感染症についてのお話です。

川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長より、新型コロナウイルスによって発症する新型肺炎の危険性や予防で心がけるべきことについてのお話です(YouTubeの動画につながります)。

新型コロナウイルス感染症について【医療機関向け】

新型コロナウイルス感染症に関する医療機関の方に向けた情報については以下のページでお知らせしています。

各種相談窓口について

厚生労働省の電話相談窓口

 1月28日(火曜日)18時から厚生労働省の電話相談窓口が設置されています。ウェブサイト等と併せて情報収集にご利用ください。

  1. 電話番号
    0120-565653(フリーダイヤル)
  2. 受付時間
    9時から21時(土日・祝日も実施)

(注)詳細は厚生労働省の情報をご確認ください

神奈川県新型コロナウイルス肺炎専用ダイヤル

 1月25日(土曜日)10時から、神奈川県では新型コロナウイルスに関連した肺炎患者に関するご相談に対応するため専用ダイヤルが設置されています。

  1. 電話番号
    045-285-0536
  2. 受付時間
    9時から21時(土日・祝日も実施)

(注)詳細は神奈川県へお問い合わせください

帰国者・接触者相談センター

 市では新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかがわからないという茅ヶ崎市および寒川町にお住まいのみなさんの不安を軽減し、適切な医療機関につなぐため、2月7日(金曜日)9時より市保健所に電話相談窓口として「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。

  1. 電話番号及びファクス番号
    電話番号:0467-55-5395、0467-55-5368
    ファクス番号:0467-82-0501
  2. 受付時間
    9時から21時(土日・祝日も実施)
    ・平日9時から17時15分までは保健所健康増進課または衛生課に電話がつながります。
    ・平日17時15分以降と休日には、保健所の警備員室に電話がつながります。連絡先を伺ったうえで担当者から折り返しのご連絡をします。
    ・休日および夜間は、電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力平日昼間の時間帯での相談をお願いします。
  3. 相談対象
    ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
    ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
    ・高齢者や基礎疾患等のある方の場合は、上記の状態が2日程度続く方
    (注)基礎疾患とは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)が含まれます。また、透析を受けている方や免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方も早めにご相談ください。

    【新型コロナウイルス感染が疑われ医療機関を受診すべきと考えられる方】
    次の(1)~(3)のいずれかの要件を満たす方
    (1)発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む)のある方で、新型コロナウイルス感染症であることが確定した人と濃厚接触歴がある方
    (2)37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状があり、発病前14日以内に、WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域(注1)に渡航または居住していた方
    (3)37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状があり、発病前14日以内にWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域(注1)に渡航または居住していた人と濃厚接触歴(注2)がある方

    (注1)3月26日現在のWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域は以下のとおりです
    ・中華人民共和国
     湖北省及び浙江省
    ・大韓民国
     大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡
    ・サンマリノ共和国
    ・アイスランド共和国
    ・アイルランド共和国
    ・アンドラ公国
    ・イタリア共和国
    ・エストニア共和国
    ・オーストリア共和国
    ・オランダ王国
    ・スイス連邦
    ・スウェーデン王国
    ・スペイン王国
    ・スロベニア共和国
    ・デンマーク王国
    ・ドイツ連邦共和国
    ・ノルウェー王国
    ・バチカン
    ・フランス共和国
    ・ベルギー王国
    ・ポルトガル共和国
    ・マルタ共和国
    ・モナコ公国
    ・リヒテンシュタイン公国
    ・ルクセンブルク大公国
    ・イラン・イスラム共和国
    (注2)濃厚接触とは、次の範囲に該当するものです
    ・新型コロナウイルス感染症が疑われるものとの同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があったもの
    ・適切な感染防護なしに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護、もしくは介護していたもの
    ・新型コロナウイルス感染症が疑われるものの気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高いもの
  4. 注意事項
    対象地域や対象者は3月26日現在国が示す基準です。今後状況により変更となる場合もありますので、厚生労働省のホームページをご確認ください。また、市ホームページでもご案内します。
    相談対象以外の方は、厚生労働省や神奈川県のコールセンターをご利用ください。

各種支援について

新型コロナウイルス感染症の影響による労働相談等の支援について

国では、労働者が安心して働くことができる環境整備のための下記の支援策があります。詳細は以下のページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援について

新型コロナウイルス感染症の流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象とした支援策や相談窓口の開設について、以下のページでお知らせしています。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における特例措置について

 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得者世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金、総合支援資金(生活支援費)の特例貸付を実施しています。詳細は以下のページをご覧ください。

関連情報へのリンク

厚生労働省

厚生労働省検疫所

国立感染症研究所

内閣官房

首相官邸

神奈川県

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健所 保健予防課 感染症対策担当
〒253-8660 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目8番7号
電話:0467-38-3321 ファクス:0467-82-0501

お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る