現在の位置:  トップページ > くらし > 生活福祉 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号 C1043822  更新日  令和3年12月1日

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請受付期間が令和4年3月31日(木曜日)まで延長となりました。詳細が決まり次第、順次ホームページを更新します。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルスの影響により、社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付が終了した世帯や再貸付が不承認となった世帯など、特例貸付を利用できない世帯を対象として、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(以下「自立支援金」という。)を支給します。

 

 

申請受付期間

令和3年7月1日(木曜日)~令和4年3月31日(木曜日)(消印有効)

(注)申請期限が令和3年11月30日(火曜日)から令和4年3月31日(木曜日)に延長されました。

支給内容

月額の支給額

(注)住居確保給付金との併給が可能です。

世帯人数 1人 2人 3人以上
支給額 6万円 8万円

10万円

支給期間:3か月間

 

支給の対象となる方

総合支援資金の再貸付を茅ヶ崎市社会福祉協議会に申請し、令和3年6月17日までに支給決定されている方には令和3年7月1日に茅ヶ崎市より申請書一式を郵送しました。
総合支援資金の再貸付を茅ヶ崎市社会福祉協議会に申請し、令和3年6月18日以降に支給決定された方には令和3年7月21日以降、順次申請書一式を郵送します。
支給の対象となる方について、制度改正に伴い変更となる可能性がございます。詳細が決まり次第、順次ホームページを更新します。

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯

  • 総合支援資金の再貸付を借り終わったまたは令和3年11月までに借り終わる世帯
  • 総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
  • 総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯

上記の世帯に該当し、以下の(1)~(7)いずれにも該当する場合

(1)申請日の属する月において、世帯の生計を主として維持している者であること【生計維持要件】

(2)世帯の収入・資産の合計が次の表の金額以下であること【収入・資産要件】

世帯人数 収入要件(給与、年金、手当等) 資産要件(預貯金、現金)
1人 12.5万円 50.4万円
2人 17.9万円 78万円
3人 22.5万円 100万円
4人 26.7万円 100万円
5人 30.8万円 100万円
6人 35.4万円 100万円
7人 39.8万円 100万円
8人 43.4万円 100万円
9人 47.1万円 100万円
10人 50.7万円 100万円

(3)今後の生活自立に向け、下記のいずれかに該当すること【求職活動等要件】

  • 公共職業安定所に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
  • 生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にあること

(注)詳細は新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のしおりを参照

(注)緊急事態宣言中の求職活動について、「月2回以上の公共職業安定所の職業相談等」及び「企業への週1回以上の応募又は面接」については回数を減ずる又は免ずることが可能です。

(4)職業訓練受講給付金を受給している方が世帯にいないこと

(5)生活保護を受給している方が世帯にいないこと

(6)偽りその他不正な手段により再貸付の申請を行っていないこと

(7)暴力団員の方が世帯にいないこと

申請に必要な書類

  1. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立給付金支給申請書(様式1-1)
  2. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立給付金申請時確認書(様式1-2)
  3. 本人確認書類(申請者のみ)(例)運転免許証・個人番号カード等
  4. 振込先口座がわかる書類
  5. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のうち収入がある者について、収入が確認できる書類の写し (例)給与明細表・個人事業で売上、経費のわかる台帳等・各種年金等の振込記録(通帳や通知)・各種手当の振込記録(通帳や通知)等
  6. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の親族の金融機関の通帳等の写し(例)銀行口座、名義、口座番号、最新の残高が確認できるページの写し・ネットバンクの残高確認画面等
  7. 受領印が押印された生活保護申請書の写し(生活保護申請中の方のみ)
  8. 総合支援資金の再貸付の借用書(控)の写しまたは総合支援資金の再貸付の貸付決定通知書の写しまたは総合支援資金の再貸付の不承認通知の写し及び総合支援資金の再貸付の振込状況が分かる通帳の写し

(注)4については6と同一のもので代替可。

(注)5については個人事業主の方で帳簿等がない場合新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金に係る収支状況表の提出をもって代替可。

(注)8については、総合支援資金の再貸付申請時に茅ヶ崎市外に在住であった方のみ。

(注)現に住居確保給付金を受給している場合、3,5,6は住居確保給付金の支給決定書をもって代替可。

(注)申請時には、印鑑は不要。

(注)詳細は新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のしおりを参照。

総合支援資金の再貸付申請時に茅ヶ崎市外に在住であった方、総合支援資金の再貸付受給中に茅ヶ崎市内に転居された方又は総合支援資金の再貸付終了後に茅ヶ崎市内に転居された方で自立支援金の申請をご希望される方は下記から申請書一式をダウンロードしてください。
(注)新型コロナウイルス感染症蔓延防止のため、できる限り来所によらない方法(郵送)での申請を推奨しています。

関連相談事業

申請の受付窓口

茅ヶ崎市福祉部生活支援課

電話:0467-82-1111

ファクス:0467-82-5157

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無償配布)し、説明に従ってインストールしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 生活支援課 支援給付担当
市役所分庁舎2階
〒253-8686 茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
電話:0467-82-1111 ファクス:0467-82-5157
お問い合わせ専用フォーム



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る